通信制高校とは

このページでは在宅学習できる通信高校や通信制サポート校とはどんな高校なのかを紹介します。

特徴から知る通信高校や通信制サポート校とは

在宅学習できる通信高校や通信制サポート校とはどんな高校なのかを紹介通信高校あるいは通信制高校と呼ばれる学校は在宅学習で単位を取って高校の卒業資格を得ることができる学校。通学する高校は全日制定時制で、これらと同様、学校教育法で定められた高校の一種です。修業年数が3年以上とされていて、それ以上の年数をかけてマイペースでの学習もできるわけです。近年はネットを使ったe-ラーニングでの学習方式を採用する学校も増えていて、在宅学習がメインですが、スクーリングと呼ばれる面接学習では月2回程度登校する必要もあります。

一方、通信制サポート校フリースクールと呼ばれるのは塾と同じようなもので、卒業しても高卒資格を取得することはできません

全日制や定時制と通信高校の違いとは

全日制高校学年制を採用して、修業年数は3年、5~8時間の授業を日々受けることになります。

定時制高校は授業時間が夜間などに設定されていて、1日の授業は4時間程度。昼間仕事をしながら通学するヒトたち向けの制度です。

通信高校は定時制の通学授業を自宅学習として、より多様な生活スタイルでの学習を可能としたもの。スクーリングの際には通学する必要があるものの、自分の生活サイクルに合わせた学習ができる点が大きな特徴といえます。不登校から通信高校を選択するヒトもいますが、定時制同様仕事との両立や通院しながら高校の卒業資格を目指すヒトなど、近年は様々な理由で選ばれている高校のスタイルなのです。