おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 通信制高校とは?知っておきたい基礎知識 » 通信制高校の入学と転入、編入について

通信制高校の入学と転入、編入について

通信制高校への転入や編入を希望する場合には、調べておくべきことがいくつかあります。これまでの高校で取得した単位の引継ぎ、転入・編入可能時期、その際の面接などについては、なるべくたくさんの情報を収集して知っておく必要があります。では必要となる情報を詳しく見てみましょう。

通信制高校の入学条件、制限は?

通信制高校に入学するための年齢制限は定められていません。ただし学校によっては、入学可能な区域制限を設けている場合があるため、他の条件を満たしていても区域外に住んでいる場合には入学できないこともあります。

現在、他の高校に在籍していたり、中途退学した方であっても通信制高校へ籍を移して勉強を再開できます。なおこれまでに高校を卒業されている方は基本的には入学できません。(特定の科目だけであれば入学を受け入れている学校もあります。)

通信制学校では、全日制高校のような学力選抜試験は行われずに書類選考や面接試験で合格が決まります。また入学後も自分の学力に合わせて学習できます。

通信制高校の転入・編入とは

通信制高校に籍を置く方法には、入学、転入、編入の3つの方法があります。入学は一般の高校と同じように、中学校を卒業後に必要書類を提出し書類選考や面接試験を通過して4月から勉強を始めます。

では転入と編入にはどんな違いがあるでしょうか。希望する時期から通信制高校に籍を移して勉強することができる?これまで在籍していた高校で取得した単位数は通信制高校へ引き継ぐことはできる?どんな注意点がある?などの疑問を説明します。

通信制高校の転入とは

通信制高校へ転入するとは、簡単に言うと転校になります。現在でも全日制、定時制などの高校に在籍していて、その状態を通信制高校へ移すことです。

元々在籍していた学校で取得した単位はそのまま新しい通信制高校でも引き継ぐことができます。1年次の単位を取得しているならば、2年次からスタートすることになります。また通信制高校へ転入した後の学習ペースにもよりますが、転入しても同級生と同じタイミングで高校を卒業することもできます。

通信制高校への転入を希望する理由の多くは、高校での友達関係が上手くいかないことや体調の面で毎日高校へ登校することが難しく感じていることです。今の高校ではやっていく自信がない、でも高校卒業資格は取得したいという方は通信制高校への転入を考えてみましょう。

通信制高校の編入とは

編入とは、これまでに全日制、定時制高校に在籍していたものの、既に中途退学した生徒が通信制高校に入学することです。退学する前に高校で取得した単位は編入時に引き継ぐことができますが、これまでに取得した単位数に何年次に編入するかが決まります。

転入と違い、編入する際には簡単な試験や作文など、学力試験が必要な通信制高校もあります。中途退学してから編入するまでにどれくらいの期間を空けるかにもよりますが、編入の場合には同級生と同じタイミングで卒業することは難しくなります。

編入を希望する生徒は、授業についていけない、友達関係が上手くいかないなどの理由で以前の高校を退学しています。学習面もメンタル面も安心して高校卒業資格取得を目指したい方は諦めずに通信制高校への編入を検討してみましょう。

転入・編入が可能な時期

転入、編入が可能な時期は通信制公立高校と私立高校で少し違いがあります。

公立高校であれば基本的には毎年4月に転入、編入希望の生徒を受け入れを行います。高校によっては欠員が出た場合などに、二期制の後期が始まる9~10月ごろに募集をもう一度行うこともあります。公立高校の場合は、転入しようと考えてすぐに出来ないという制限があります。また転入したくても、転入を希望する高校が受け入れていない時期であれば、一度在籍している高校を中途退学してから編入しなければいけません。

私立高校は、高校の方針によって異なりますが転入可能時期と編入可能時期があります。転入の場合は基本的には随時受け入れています。もしくは4月、7月、10月、12月と定期的に受け入れ時期を設けている学校もあります。編入の場合は新学期が始まる4月と後期が始まる9月ごろに受け入れている学校があります。

通信制高校は全日制高校と違い転入、編入希望の生徒が多いため、年間を通して受け入れ可能時期が多く用意されています。興味のある高校の資料をしっかりと確認してどのタイミングで転入、編入するのが一番良いのかを考えておきましょう。通信制高校の公式ホームページからも受け入れ可能時期についての情報を確認できます。

転入・編入時の単位の引継ぎについて

通信制高校へ転入、編入した時にはそれまでに取得した単位をそのまま引き継ぐことができます。これは公立高校、私立高校に関わりなく引き継ぐことが可能です。高校を中途退学してしまい、数年が経過している場合であっても、一定の手続きを踏んでから編入手続きを行えば、以前に在籍していた際に取得した単位を引き継ぐことも可能です。編入手続きをする前に、在籍していた高校に連絡をして取得単位と成績を証明する書類を作成してもらえれば大丈夫です。入学願書を提出する際に一緒に提出すれば単位を引き継げます。

以前の高校で取得していた単位数によって、編入、転入時の学年が決まります。学校によって多少の違いがありますが、取得単位が0~5単位であれば1年次への転入となります。6~39単位であれば2年次へ、40単位以上を取得して転入する場合には3年次へ転入することになります。1年間で取得できる単位の上限は34単位と決まっています。そして高校卒業資格を取得するためには合計74単位が必要になります。つまり転入、編入時に6単位取得していなければ自動的に1年次からスタートする必要があります。

具体的な例で考えてみましょう。高校1年生の途中で通信制高校へ転入しようとする場合には、取得単位数が0のため引き継げる単位も0となります。つまり転入してもまた1年次から始まります。転入後に74単位を取得する必要がありますが、高校によっては単位を短期で取得できるようにしてくれたり、高卒認定試験の合格科目を単位として認めてくれることもあります。

高校2年生での転入の場合には、平均約30単位程度を取得しているため、その単位数を通信制高校へ引き継げます。ただし高校2年生で転入直前まで履修している科目の単位をは引き継げません。高校3年生でも同様のシステムで考えます。

サイトマップ