入学と転入、編入について

このページでは新入生の入学時期や転入、編入の仕組みなど通信制の高校の入学方法について紹介します。

入学時期など通信制高校に入るタイミング

新入生の入学時期や転入、編入の仕組みなど通信制高校の入学方法について紹介通信制高校でもメインの入学時期は4月ですが、二学期制を採用している学校だと10月入学も可能。また、学校によっては随時募集しているところもあります。

入学時期が決まっている学校はカリキュラムのスケジュールが決まっているためで、随時入学に対応している学校だとスクーリングの仕組みも個別対応になっていることがあるので、学校ごとに詳細を確認する必要があります。

また、4月入学の場合、前年の11月頃から募集を開始して、4月下旬まで受け付けているケースが多々あります。一般的な高校受験が1~3月の募集なのに比べると、門戸を広く設定しているのが特徴です。

通信制高校への入学、転入と編入の違いとは

まずは一般的な定義としての転入と編入について説明しておきましょう。

転入とは在籍中の学校から別の学校に移る、いわゆる転校の意味。

一方、編入は一旦学校を辞めて新たに入学し直すことを意味します。

転入については通信制高校も一般的な高校と同様、随時受け付けているケースがほとんど。事前の確認は必要ですが、在学中の学校に必要書類を揃えてもらって、転入試験を受けることになります。この試験は面接によるものがほとんどです。

編入の場合は新しい学校にもよりますが、3月と9月に編入試験を実施するケースが多く見られます。こちらの試験は面接以外に筆記や作文などもある場合がありますが、一般的な受験の意味合いよりは生徒の修学状況を確認するという面が強いようです。

このように、通信制高校への転入も編入も仕組みとしては一般的な高校と大きな違いはありません。