通信制高校の平均学費

このページではコース別に相場感の異なる通信制高校の学費について平均金額などを紹介します。

基本的な通信制高校の年間学費相場とは

コース別に相場感の異なる通信制高校の学費について平均金額などを紹介自宅学習が中心となる通信制高校の学費は全日制に比べて安価に済むのは間違いありません。それでも通信制高校にも公立・私立による違いなども含めて、学費にはかなり幅があるのも事実。安い場合は年10万円、高い場合は年100万円のところもありますが、基本的な通信コースなら年間20万~30万円が相場といえるでしょう。

なお、12万円程度の就学支援金が利用できるので、実際に負担する金額は15万円前後をひとつの目安にしてもいいと思います。もちろん、特別授業などがある学校ではその分、学費も増えるので、授業内容を加味して比較してください。

サポート校一体型通信制高校の年間学費相場とは

通信制高校の中には高校としてのカリキュラムだけでなく、授業の理解度をより深めるといった目的を持つサポート校としての役割をプラスして、一体的に運営している学校もあります。

この場合、上で紹介した基本的通信コースの学費に加えて20万~30万円程度の授業支援料などがかかり、年間総額は40万~60万円になることもあるのです。不登校で通常カリキュラムに追いつけない生徒の場合、こうしたサポートがあることでスムーズに卒業できる可能性が高まるので、一概に金額の高低だけで比較するわけにもいきません。

専門科目が学べる通信制高校の年間学費相場とは

各種専門学校でも人気のある美容、美術、アニメ関連といった専門科目を学べる通信制高校もあります。

この場合、特別授業の学費は年間15万~30万円といったところが相場でしょう。もちろん、科目によって必要となる設備や教材などが異なりますし、専門講師の授業があるなら、その分学費も高めになる傾向があります。こうした専門科目に対応している通信制高校の学費としては年間60万~80万円程度が相場。

なお、学校によっては基本的通信コースのオプションとして特別授業を科目単位で選べるところもあるので、資料を確認してみてください。