授業の内容について

このページではスケジュールや内容など、特別授業も含めて通信制高校の授業について紹介します。

スクーリングという通信制高校独自の授業とは

スケジュールや内容など、特別授業も含めて通信制高校の授業について紹介自宅学習とは別に通学して直接指導を受ける通信制高校の授業、スクーリングには以下の3つの特徴的な点があります。

  • 私立通信制高校では全日制より少人数で指導が丁寧
  • グループワークや個別指導などもあり
  • ゼミや体験教室を実施する学校もあり

全体的な傾向として、通信制高校では普段が自宅学習になる分、スクーリングでは単なる講義を聴くというより、コミュニケーションをとりながら学習できる方法を採用しているようです。

また、学校によっては特別授業を実施するなど独自の取り組みを行っている学校も珍しくありません。生徒の登校状況や目標設定などによって複数コースが選べることもあり、生徒に合わせた指導をするという姿勢が伺えます。

通信制高校の授業スケジュールとは

通信制高校の授業、スクーリングは登校状況によってスケジュールも違ってきます。体験授業資格試験の授業など特別授業を受けたい場合、登校回数を増やすことで受講機会も増えます。

スクーリングの登校時間は朝9時から10時前後に設定されている場合が多く、通勤通学ラッシュを避けて落ち着いて通学することもできるでしょう。授業は午前中だけの場合もあれば、月2回程度のスクーリングの場合は午後まで授業をする学校もあります。時間割としては午前中が単位取得の必修科目で、午後は体験授業や部活などに充てているケースも見られます。

単位取得のためには一定日数以上の通学が必要ですが、あくまでスケジュールは自分のペースで組み立てられるので安心してください。