通信制高校の公立・私立の違いとは

全日制の高校に公立と私立があるように、通信制は特別で私立しかないというイメージがある人がいますが、実は公立もあります。ここでは、公立高校と私立高校の違いについてご紹介します。

「私立」の通信制高校の特色

高校生活の主体である学習については、状況に応じて小中学校からの教育からはじめる学校があります。スクーリングの日を自分で調整でき、自由に自分のペースで学校に行くことができます。

コースは、進学以外にもIT系や美容などの専門的な幅広い分野のコースが多いのが私立の特徴です。私立の通信制高校の学費は、3年間で40万円以上になり、1単位あたりの費用は、約5,000円~約10,000円前後です。このほかに、教材費、入学金、教育運営費、諸費用などがかかります。

私立高校は費用が公立に比べて高いですが、その分、カウンセリングが充実しており、生徒の背景を考慮し生徒へのサポート体制がしっかりしています

「公立」の通信制高校の特色

公立は私立に比べると、中学校までの学習がある程度、身についているという認識のもと授業がすすめられる傾向にあります。学校が指定した試験日やスクーリングの日に登校する必要があります。

コースは私立に比べると少なく、様々な年間行事に参加し、学生生活を送りながら単位を取得することができます。

人とのコミュニケーションを大切にし、卒業後の社会生活が円滑にいくような学校生活をつくりあげていることが特徴です。公立の通信制高校の学費は、3年間で約10万円程度になり、1単位あたりの費用は、約200円~約1,000円前後となります。このほかに、私立と同様の諸経費がかかりますが、私立に比べれば費用は断然安いと言えます。

費用だけでみるなら、公立の方が安いといえますが、学校生活を考えた時には一概に費用だけでは決められないのではないでしょうか。つらい学校生活や人づきあいで学校が嫌になった人や、発達障害で全日制の高校に行けない人は、しっかりとしたサポート体制のある、個人の能力を最大限に伸ばしてくれる高校を選ぶ必要があります。学校生活を楽しく送れること、きちんと卒業までできるようなシステムが整っている学校を選ぶとよいでしょう。

あなたに合ったおすすめの通信制高校はここ!

  • 大学進学したい人におすすめの通信制高校ベスト3
  • 発達障害へのサポート体制があるおすすめの通信制高校ベスト3
  • 不登校でも進学できる安心の通信制高校ベスト3
  • 専門分野を学びたい人向けの通信制高校ベスト3