おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 目的や特徴別で選ぶおすすめの通信制高校を紹介 » 大学に進学したい!

大学に進学したい!

大学進学を目指すならサポート体制を確認!

大学進学を想定して通信制高校を選ぶなら、進学コースがあるだけでは不十分です。授業は受験に特化した内容で、勉強以外のメンタル面や志望校選びなどトータルサポートしてくれる環境が必要です。通信制高校では、普通の学校と比べて、受験に強い学校や予備校は個別指導が充実しているのも特徴的。生徒は一人ひとり学力も性格も違うので、1対1でサポートしてくれる体制は必須といえます。通信制高校の場合は、自宅学習までフォローしてくれる学校もあるので安心です。こうした条件を備えた学校には以下のような特徴があります。

  • 「予備校講師」など受験のプロによる授業が受けられる
  • 習熟度に合わせたマンツーマン指導をしてくれる
  • 自宅学習に対しても細やかにサポートしてくれる
  • 進路相談や願書作成、メンタルケアなど勉強以外のサポートもあり

こうしたサポートは有名予備校では当たり前ともいえるもの。通信制高校の中には同等のカリキュラムを用意していたり、予備校と提携して対策をしてくれる学校も存在します。通信制高校と予備校とのダブルスクールという方法もありますが、勉強スケジュールや費用面を考えると、できるだけ一元的に勉強できる体制を検討する方が有利です。

大学進学コースのあるオススメ通信制高校3選

上で紹介したような条件にマッチする通信制高校の中でも、受験勉強のサポート体制など大学進学コースのあるオススメ通信制高校を紹介します。

興学社高等学院

卒業率 100%
特徴
  • 東進衛星予備校と提携!
  • 1クラス10人前後の少人数制で受験対策もバッチリ
  •  
  • ・心理士資格取得者による個別カウンセリングを受けられる
  • ・61種類の科目から自由選択で時間割を決められる
  • ・ソーシャルスキルトレーニングで悩みや苦手を克服
進学実績
  • ・大学…早稲田大学、明治大学、駒沢大学など
  • ・短期大学…大妻女子短期大学、女子栄養短期大学、宇都宮文星短期大学など
  • ・専門学校…千住福祉専門学校、千葉デザイナー学院、明星情報ビジネス専門学校など
  • ・就職…㈱パソナ、㈱グレース産業、ランスタッド㈱など
進学クラスの充実度
進学クラスがとても充実。東進衛星予備校と提携していて、受験のプロから直接指導を受けられるので、しっかりと受験対策ができます。
1クラス10人の前後の少人数制だから指導もきめ細やかで、専門クラスが分化されているので目標に合った学習ができます。
クラスはGMARCHの文系合格を目指す専門クラスや指定校推薦を目指す専門クラスなど分化されています。
HP 公式サイトでチェック

KTC中央高等学院

卒業率 98.1%
特徴
  • 生徒が先生を選べるマイティーチャー制を採用
  •  KTC公式サイト
  • ・登校日数・時間は自分で選べて服装も自由
  • ・生徒が先生を選べるマイティーチャー制を採用
  • ・趣味や資格につながるトライアルレッスンが豊富
  • ・学習や進路の相談では個別にメンタルサポートを受けられる
  • ・レジャー、社会見学、親子交流など各種イベントが豊富
進学実績

大学…北海道大学、筑波大学、九州大学、青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、立教大学、早稲田大学など

進学クラスの充実度
特別進学コースは、生徒のレベル別指導で学力を伸ばすコースで、マイティーチャー制により生徒が自分の話しやすい先生を選んで学習ができます。
気軽に相談ができ、学習や進路の相談では個別にメンタルサポートを受けられます。
英語はネイティブ講師による授業で、希望者には留学プログラムも用意されています。
HP 公式サイトでチェック

クラーク記念国際高等学校

卒業率 98%
特徴
  • ネイティブ教員を採用するなど英語学習に強い
  •  
  • ・累計で3,000名以上がオーストラリア留学を体験
  • ・国際・IT・声優・アート・音楽・スポーツなど特化コースが多種多様
進学実績

大学…東京外国語大学、横浜国立大学、九州大学、山形大学、長崎大学、静岡大学、大分大学、鹿児島大学、慶應義塾大学、早稲田大学、国際基督教大学・中央大学など

進学クラスの充実度
週5日通学が基本の総合進学コースと、1週間の授業数を6・12・18コマの中から選択して、週に1~5日通学するフレックス学習コースの2つが進学クラスです。
ネイティブ教員を採用するなど、受験に必要な英語学習に強いところもポイントです。
HP 公式サイトでチェック

「予備校と提携した通信制高校」が大学合格への近道!

できるだけ自宅学習を優先したい生徒、予備校の雰囲気に慣れたい生徒など学習スタイルによって向き不向きはあると思いますが、受験本番では受験生全員が同じ環境に立ちます。

学校には馴染みにくい生徒でも、目的が明確な予備校なら抵抗なく馴染めるケースもあるので、こうした機会を好機と考えてみるのもいいでしょう。いわゆる進学校と呼ばれる学校の生徒でも塾や予備校に通うのは当たり前。受験に勝つためには学校の勉強だけで十分とは言い難いのが現実です。

その点、興学社高等学院のように東進衛星予備校と提携している通信制高校なら、より効率的な受験対策も可能となります。

サイトマップ