不登校でも進学できる

さまざまな事情がもとで不登校となった生徒が、進学や就職へ向けて社会性を養えるように支援体制を整 えている通信制高校について紹介します。

メンタルケアや個別サポートが充実!おすすめの通信制高校3選

不登校を経験した生徒も挫折することなく学生生活を送り、卒業できるということは、その学校でメンタ ルケアも含めた手厚い指導ができているということです。そうした条件にマッチする通信制高校の中でも、特におすすめの3校をピックアップします。

学校のアイコン興学社高等学院

公式HPはこちら

卒業率 100%
サポートの特徴
  • 不登校を経験した生徒が、まずは1日でも多く通学できるように心のメンテナンスをサポート
  • WISC-Ⅳ(ウィスク・フォー)検査」の分析結果に基づき、個人の特性や資質に合わせて指導
  • ソーシャルスキルトレーニングで、社会性や対人関係の築き方を身につけられる
  • 認証心理士資格取得者の個別カウンセリングで心の面からケア
  • 個人の理解度に合わせた学習サポート
  • 特別支援校の不登校から転入し、卒業した実績も多い
進学実績
  • 大学…早稲田大学、明治大学、駒澤大学、日本大学など
  • 短期大学…大妻女子短期大学、女子栄養短期大学、宇都宮文星短期大学など
  • 専門学校…千住福祉専門学校、千葉デザイナー学院、明星情報ビジネス専門学 校など
  • 就職…㈱パソナ、㈱グレース産業、ランスタッド㈱など

学校のアイコン一ツ葉高等学校

公式HPはこちら

卒業率 約98%
サポートの特徴
  • キャンパス満足度97%!先生と生徒同士の距離が近く、キャンパスイベントもあり思い出作りができる
  • 少人数のグループ指導で生徒一人ひとりに合わせたケアと学習カリキュラムを実施
  • 4コマ漫画を取り入れた「ソーシャルスキル科目」で対人関係を築くためのコツを学べる
  • 他者への思いやりとともに、自分自身への気づきや積極性も養える
進学実績
  • 大学…京都大学、早稲田大学、法政大学、多摩大学、九州女子大学、明治大学 、慶応義塾大学、立命館大学など

学校のアイコンルネサンス高等学校

公式HPはこちら

卒業率 97%
サポートの特徴
  • 個別カウンセリングに基づき一人一人の学力に合わせたカリキュラムを設定
  • スクーリングの規定日数は最短年3日、毎日の通学は不要
  • ネット学習で時間や場所を選ばす効率的に学べる
  • レポート提出はスマホやタブレット端末でOK
進学実績
  • 大学…法政大学、国士館大学、関西大学、慶應大学など
  • 短期大学…大妻女子大学短期大学部、大阪芸術大学短期大学部、國學院大學栃 木短期大学など
  • 専門学校…駿台外語&ビジネス専門学校、近江時計眼鏡宝飾専門学校、日本宝 飾クラフト学院など

サポートが万全なら、不登校経験者も進学や就職を視野に学べる

不登校を経験した生徒の中には「授業を休みがちだったために、学習への理解がなかなか追いつかない」「心に大きな傷を抱えている」といった生徒も少なくなくありません。そのため、心のケアもしっかりと行いながら、進学や就職のための学習を支援してくれる学校選びが大切になります。

こうした支援に力を入れている通信制高校では、少しずつでも学校に通える日数を増やしていくことから始めます。そのために教師や学校スタッフは、生徒との信頼関係を徐々に築き上げていきます。

もちろん、集団が苦手な生徒も中にはいます。そうした生徒には、スクーリング時は少人数制で目がいき届くような体制を整えたり、生徒宅での個別指導に対応してくれる学校もあります。

こうした学校の多くは、カウンセリング資格などを持つ教師や専門カウンセラーを常駐させています。そのため、学業のことだけでなくプライベートの面でもしっかりと相談に乗ってくれます。

オープンな環境で自然と通学できるように

通信制高校の多くは、固定クラスは設けていません。スクーリングの授業も、その都度違うメンバーで受ける形式が主流です。クラスを固定しないオープンな環境であれば、人間関係のトラブルも起きにくくなります。

こうした環境の中で少しずつでも登校することに慣れてくれば、通学が苦にならなくなり、やがてはスクーリングでの学習にも集中できるようになります。

このような一人ひとりに合ったペース配分ができるのも、自由にスケジュールを調整できる通信制高校のシステムならではといえるでしょう。

通信制高校の授業はメンタル面を含めた個別サポートがポイント

学校への苦手意識が少しずつでも克服できれば、学習に対する意欲も高まり、進学したいという気持ちが自然に芽生える可能性もあります。

卒業率が高い学校は、卒業までのサポートがそれだけしっかりしている証拠ともいえます。そのため卒業実績は事前にしっかりと確認し、生徒一人ひとりの将来について親身に対応してくれる学校を選びたいものです。