メリット1:自分のペースで学べる

このページでは生徒がマイペースで学校生活を過ごせる単位制高校の仕組みやそのメリットを紹介します。

出席日数とは無関係の単位制高校のメリット

通信制高校の生徒のイラスト一般的な高校が採用しているのは学年制出席日数や定期試験の成績などによって次の学年に進めるかどうかが決まる仕組みです。

一方、通信制高校は単位制高校であり、3年以上の期間の中で74単位を取得することができれば高校卒業資格を得ることができる仕組み。決まった時間割があるわけではないので、あくまで自分都合で各科目の単位を取っていけばいいわけです。スクーリングという面接指導では通学する必要があるものの、授業の出席日数は単位取得に無関係なので、通学が苦になる生徒も、仕事などで多忙な生徒もマイペースで勉強を進めることができます。

ただし、単位を取得するためにはレポート提出、スクーリングへの出席、試験合格が必須。自宅でもきちんと学習するのは当然で、何もせずに単位がとれるわけではありません。

単位制高校の単位認定試験とは

通信制高校におけるテストとは単位取得のためにクリアしなければならない単位認定試験を意味します。これは学校による差があるものの、一般的にはレポートとスクーリングできちんと学習しておけば合格困難というレベルではありません。

もちろん、追試や不合格となるケースもないとはいえませんが、テスト問題の大半はレポートから出題されるので、あまり萎縮する必要はないでしょう。

 

あなたに合ったおススメの通信制高校はここ!

  • 大学進学したい人におすすめの通信制高校ベスト3
  • 勉強が苦手な人にもおすすめの通信制高校ベスト3
  • 不登校を経験した人でも安心の通信制高校ベスト3
  • 専門分野を学びたい人向けの通信制高校ベスト3