メリット3:大学進学を目指せる

大学受験に特化したクラスのある学校もあるなど、通信制高校からの大学進学について紹介します。

大学進学を視野に入れた通信制高校選び

通信制高校の生徒のイラスト大学受験に必要な高校卒業資格という点では、通信制高校も全日制高校も違いはありません。ただし、志望大学に合格するかどうかは生徒の学力によるものであり、難関大学を目指すのであれば受験勉強も十分にする必要があります。

通信制高校を探す際、大学進学も視野に入れているなら「受験に特化した授業」に注目して、学校を選びましょう。カリキュラムとしての科目は同じでも、多くの予備校がそうであるように、受験のための勉強は一般的な学校の授業と異なります。

授業内容だけでなく、受験対策全般をサポートしてくれる学校や、専門講師の授業を受けることができる学校なら、より受験に強い学力が身につくでしょう。

「進学コース」を設定している通信制高校も

通信制高校の中にも「進学コース」を設定しているところがあり、通信制というシステムの中でも受験勉強に十分取り組むことができます。通信制高校の生徒にとって有利な点は、学習時間を自分で調整できること。苦手科目の克服に注力することも、得意科目をより伸ばすことも、自分で好きにできるわけです。

また、進学コースがなくてもサポート校や塾の中で通信制高校の生徒向けコースを用意しているところもあります。一種のダブルスクールになりますが、全日制高校+通学塾の生徒に比べれば時間配分はしやすいので、自分のペースで受験勉強に取り組めると思います。

いろいろな事情で学校に行くことができなくなった人や発達障害のある生徒も通信制の学校では、個人のペースに合わせて学んでいくことができます。発達障害のある生徒さんのために、個々の能力を活かすサポート体制がしっかりしている学校や、個人の状況に応じて、コース変更ができる学校もあります。

進学の意思はあるのに学校に通えないから大学を諦める──。

そんな結論を出すのはまだ早く、無理に通学せずとも進学できる道はあるのです。

あなたに合ったおすすめの通信制高校はここ!

  • 大学進学したい人におすすめの通信制高校ベスト3
  • 発達障害へのサポート体制があるおすすめの通信制高校ベスト3
  • 不登校でも進学できる安心の通信制高校ベスト3
  • 専門分野を学びたい人向けの通信制高校ベスト3