難関大学合格のノウハウがあるか

このページでは志望校別対策や合格実績など大学受験のノウハウを持つ通信高校かどうかを見極めるポイントを紹介します。

将来の就職を見越して大学受験に強い通信高校を選ぶ

通信制高校の生徒のイラスト少子化との兼ね合いもあり今や定員割れする大学も少なくないので、入学できればどこでもいいということなら大学進学が難しい時代ではありません。ただし、大学卒業時の就職活動まで考えれば、一定レベル以上の大学に入る方がいいのも必然。そこで通信高校を選ぶ際は単なる進学目的ではなく、志望校別受験対策がしっかりしているところを選ぶべきです。

通信高校の授業内容をチェックする際は普通科目とは別に受験対策の授業がどうなっているかを見てください。中には具体的な志望校対策を明示しているところもあるほど。こうした対策ができるのは、これまでに合格者を出してきた実績と出題傾向を分析するノウハウがあるからです。また、一般入試だけでなく、AO入試や指定校推薦にも対応できる学校ならより安心です。

合格実績も見逃せない通信高校の大学受験対応力

通信高校の公式サイトにも卒業生の進路として大学の合格実績が掲載されているケースが多々あります。こうした実績が豊富な学校を選ぶにこしたことはありませんが、比較する際は少々注意が必要です。

全国に多数の拠点を持ち生徒数が多い学校なら、比例して合格者数も多くなります。一方、少数規模で丁寧に個別対応している学校だと絶対数としての合格者数は少なくなります。合格実績があることは対策のノウハウがあるともいえますが、単純比較はしにくい面もあるので、カリキュラムの内容や個別サポートなども合わせて検討材料としてください。

学校のアイコン 大学受験受験のカリキュラムが充実している通信制高校をチェック≫