個人のペースで学習をすすめられるか

このページでは生徒個々の学力や志望校に合わせて柔軟な学習スタイルで大学進学をサポートしてくれる通信高校の選び方を紹介します。

生徒に合わせた大学進学が目指せる通信高校とは

通信制高校の生徒のイラスト大学進学を目指すための準備段階という面である種極論をいえば、全日制よりも通信制の方が、時間が自由になる分、受験対策に割ける時間は豊富にあります。そうした視点で通信高校の時間割を見てみてください。3年間普通科目のスケジュールではなく、習熟度に合わせた授業があったり、選択科目で受験対策ができる通信高校が見つかるはずです。

集団学習だと難しい、生徒一人ひとりに対する細やかなケアで大学受験をサポートしてくれる通信高校なら、生徒自身も前向きに受験勉強に取り組むことができるでしょう。

ステップアップを自覚できるカリキュラムの通信高校を選ぶ

通信高校の場合、不登校生徒などのために個別指導が充実している学校が多々あります。そこで得意科目を伸ばしたり、不得意科目を克服したりといったピンポイントの対策がしやすいわけです。

ただし、大学進学を目標とするなら、受験対策でもマンツーマン対応してくれる通信高校を選んでください。予備校的プログラムを採用している学校でも、理解度によってステップアップできる仕組みになっているものがあり、一方的に授業が進んでしまうものとは大きな違いが出るもの。時間を自由に使える通信高校生活では、少しずつでも自分の成長を確認しながら先に進めるカリキュラムで勉強することが、結果的には合格につながると思います。

学校のアイコン 自分に合わせたカリキュラムで進められる通信制高校をチェック≫