おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 通信制高校に通う際に気になる疑問や不安を解決 » 不登校の子供でも入学・卒業できるの?

不登校の子供でも入学・卒業できるの?

不登校の子供でも通える理由

人間関係がうまくいかずいじめにあった、環境の変化から不登校になった人、学校に行きたいけど、学校に行けない…。そんな人のために、不登校でも入学でき、きちんと高校卒業の資格を取得できる通信制高校について紹介します。

通信制高校は、全日制に比べ「サポート体制」がしっかりしている

不登校であることで、一番気になるのは子供がその環境になじめてしっかりと適応していけるかどうかです。人づきあいや、学習についていけず不登校になった子供は、心に大きな傷を持っている人がほとんどです。環境になじめないことで、その傷がひどくならないか…心配になると思います。しかし、通信制高校の多くは、同じような不登校の子供が多く通っていたり、サポート体制が充実しているので、安心と言えるでしょう。

メンタルケア

通信制高校は、少人数制のクラスなので、担任にも相談しやすいというメリットがありますが、中には、生徒の心の悩みや学校生活での悩みの相談にのってくれる、臨床心理士の資格をもつ専門のカウンセラーがいる学校もあります。他にも、必要に応じてカウンセリングをおこない、学校生活が円滑にいくようにサポートしてくれます。

ウィスクによる分析を教育に活かす

通信制高校の中でも特に、個人のパーソナルを重視している高校もあります。ウィスク(WISC-IV)検査をすることで、子供の能力を見極めて特性を知り、将来を見据えた充実した学校生活を送ることができるようにサポートしています。

不登校による編入でもこれらのサポートにより、しっかりと通信制高校を卒業することができます。不登校が原因の生徒は、時間をかけて卒業することもありますが、通信制高校の中には、個人に合わせた教育を行うことで、入学から最短3年で高校卒業率100%の実績をもつところもあります。

サポート体制がしっかりしているからこそ、自分のペースで学ぶことができるし、大学進学も可能です。もし、また学校に行くことができれば、以前のように楽しいと思える毎日がくるかもしれませんし、新たな環境で友人ができる可能性もあります。自分の本当にやりたいことが見つかるかもしれません。

⇒不登校でも進学できるサポートが充実した通信制高校を紹介しています

サイトマップ