おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 通信制高校に通う際に気になる疑問や不安を解決 » 通信制高校の卒業って難しい?

通信制高校の卒業って難しい?

通信制高校の卒業に必要な資格と条件

通信制高校は、入学するのは簡単ですが卒業するには国が定めた3つの条件をクリアしなければなりません。こちらでは、その条件についてくわしく解説していきましょう。

条件その1 3年間の在籍期間
全日制の高校と同じく、通信制高校でも3年間以上在籍をする必要があります。これは単位に関係なく定められているもので、1~2年で単位を取得できたとしても必ず3年間以上の在籍しなければなりません。

条件その2 74単位の取得
在校生は、3年間の在籍期間中に74の単位を取得しなくてはいけません。それには、レポート課題の提出、テスト、面接指導や学校行事への出席(スクーリング)を積み重ねる必要があります。通信制高校の学生の場合、日々の仕事や生活を行いながらこれらの単位を取得しなくてはならないため、自己管理が大変むずかしいといわれています。これが、通信制高校の卒業がむずかしい、最大の理由とされています。

条件その3 特別活動にかんする単位の取得
この場合の特別活動とは、ホームルームや体育祭、そして文化祭といった学校の年間行事のことをいいます。在籍期間である3年の間に、これらの行事に出席して単位を取得する必要があります。ただ、自宅で勉強をすることが多い通信制高校生が、クラスメイトと親交を深めるチャンスでもあるため、積極的に参加していきたいところです。

通信制高校の卒業が難しいと言われる理由

一般的に通信制高校の場合、全日制の学校よりも卒業できる割合が低いといわれています。それは、いったいどういうことなのでしょうか?

そもそも、通信制と全日制では卒業するまでの仕組みや課程が根本的にちがってきます。日本国が定めている通信制の場合の卒業資格に至るための条件は次のとおり。

  • 3年以上の在籍していること。
  • 在籍している3年間で74単位を取得すること。
  • 在籍している3年間で30単位のスクーリング(入学式、修了式、HR、体育祭など)への出席

むずかしいといわれているのは、自分管理の徹底です。日常の仕事や生活を送るなかで、単位の取得し、レポートを提出、スクーリングへの出席などをクリアしなければいけません。実際に、この両立が上手くいかずに約20%の人たちが辞めていきます。しかし逆をいってしまえば、80%以上の人が無事に卒業しているという現実もあるのです。

断言しますが、通信制高校は自己管理を上手く行い、上記の条件をクリアしてしまえば、間違いなく卒業することができるので心配はいりません。そして卒業後には、仕事をしながら学校の課題をクリアしたという実績や自信を身につけることができるのです。また、同じ経験をしている友だちと出会えるチャンスも高まります。ぜひ、自分の成長のためにも、初心を最後までキープして、モチベーションを高めていってください。

より確実に卒業するには

さまざまなデータを見ていくと、通信制高校の在籍期間である3年間を待たずに退学している生徒は、毎年20%ほどいることがわかります。さらにくわしく調査していくと、公立通信制高校では38~40%、私立では14~15%の退学者がいることがわかりました。つまり、私立は公立よりも卒業率が高いということなのです。なぜ、こんなことが起こっているのでしょうか?

理由としては、まず第一に私立通信制高校は卒業率と大学などへの進学率を向上させたいというねらいから、さまざまなサポート面が充実しているのです。例えば、私立は公立とくらべて登校日が多く設定されています。基本的に一人で勉強を積み重ねることが多い通信制において、クラスメイトと交友を深める機会をあえて設定しているのです。さらに、生徒がより深く学習するためにサポート体制を設けていたり、進学支援などにもより積極的に実施していたりするのも私立ならではといえるでしょう。

そんな私立通信制高校のなかでも、卒業率が高い学校を紹介しておきましょう。

※卒業率については、公式に公開されている数値をまとめています。

通信制高校を卒業した人たちの口コミと体験談

●私は中学2年生でストレスが原因の体調不良に陥り、やがて不登校になってしまいました。あの頃は、周囲には誰も味方がいなかったので、まるで地獄のような日々でした。せめて学歴だけは高卒で、ということで通信制高校に通うことになったのですが、初めはどうしてもやる気が起きませんでした。しかし、ある時から私のことを「一つの人格」として接してくれる先生やクラスメイトと知り合ううちに、いつしか学校が大好きになっていったのです。今では、そんな通信制高校を無事に卒業して現役でもむずかしいといわれている芸大に通っています。「通信制は恥ずかしい」と考えている方。全日制や通信制なんてそんな小さいことは関係ありません。要は自分の頑張り次第です。自分で自分のことを見放さずにいれば、きっとうまく生きていけると思いますよ!

●僕は「通信制高校に通わなれければよかった」という声をまず聞いたことがありません。勉強や休憩時間は自分のペースで行うことができますし、仕事などの都合で途中で帰ってもOK。当然、アルバイトをしながらでも通学することができるので、社会勉強もできます。お金をコツコツと貯めて、欲しいものを買ったり、大学に行くための資金を貯めたりすることもできます。普通の高校生では決して許されないこと、感じることができないことなどが体験できます。ただし、すべて自分の責任。授業に行くのも、休憩時間をとるのも、卒業するのも、すべて自己管理ができなければなりません。でも大丈夫。通信高校に通う前は自分でもそれができていたとは言えない僕が、無事に成し遂げて卒業できました。マイナス要素は決してない断言できます。

●私は、中学を卒業した後は高校は通信制に進むことに決めました。理由は家庭の事情です。進学をせずにすぐに就職するということも考えたのですが、親がどうしても高校だけは卒業してほしいと考えており、その声を受けて決断したのです。一番戸惑ったのは、定時制などとはちがって時間の管理をすべて自分で行っていく必要があったこと。しかし、仕事が終わって夜の時間帯に通うよりも、自宅で課題をこなして月1回の登校日に足を運ぶほうが私には合っていたようでした。何よりも通ってよかったと思ったのが級友たちと出会えたこと。同じ境遇の人、夢をもっている人など、さまざまな魅力的な人たちと出会えたことは、まちがいなく私の人生に大きな影響を与えてくれました。

●私は、義務教育である中学校を半年ほどしか通うことができなかった不登校生です。その理由は正直なところ自分でもよくわかりません。中学を卒業後は通信制の高校に通うことになりました。簡単にいってしまえば大学のようなシステムで、授業を好きなときに受けて、働きながらでも、通院しながらでも通うことができます。制服がなく、髪型も自由。学校行事などの授業以外の縛りも少なく、中学校のころに感じた束縛感や、無理に集団生活に適応する必要もありません。私は、その環境がとても居心地が良く、中学校のころの不登校がうそのように楽しく通うことができました。こういった学校はまだ決して多くはありませんが、探せばどこかにあるはずです。今後のことを不安に感じている方は、まずは通信制高校のようなところがあることから初めてみてはいかがでしょうか。

⇒不登校でも進学できるサポートが充実した通信制高校を紹介しています

サイトマップ