おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 通信制高校に通う際に気になる疑問や不安を解決 » いじめってあるの?

いじめってあるの?

全日制の高校に行くことができなくなった人の中には、いじめられて学校に行くのがこわくなってしまい、不登校になってしまった人、いじめが原因で学校をやめてしまった人は少なくありません。

このいじめの内容もさまざまで、勉強面や部活のこと、友人関係など、最初はほんのささいなきっかけのものが多いのではないでしょうか。個人対個人のケンカから個人対集団になるケースや、クラスの環境によるところもあり、いじめ問題はなかなか複雑なのが現状です。

しかし、いじめが原因で不登校になって閉ざされた生活を送ってしまう子供がいるのはとても悲しい現実。自分らしさを見つけ、楽しく生き生きと学校生活を送ってもらいたいものです。通信制高校は、全日制の高校に比べていじめが起きにくい学校と言われる、その理由を探ってみました。

通信制の高校でいじめが起きにくい理由とは?

  • 少人数の担任制であり、レポート等の添削も個別対応であるため、先生とコミュニケーションがとりやすく、相談しやすいから。
  • 固定クラスではなく、授業によって受ける人が変わり、毎日授業があるわけではないので、人間関係の摩擦が生じにくいから。
  • いじめが原因で不登校になったり、編入した生徒が多いため、気持ちがわかる生徒がいるから。
  • 資格を持ったプロの心理士からカウンセリングを受けることができるため、気持ちの負担を少なくできるから。

通信制高校は、カウンセラーを採用していたり、個別のサポートをとりいれていたり、メンタルケアに力を入れている学校です。全日制では、学習面のみに重きをおきがちであるのに対し、通信制高校は学習面だけでなく、個人の精神面のフォロー体制をしっかり考えているため、いじめが起きにくい環境になっています。

同じようにいじめを経験し、学校になじめなかった生徒も笑顔を取り戻せたり、自分らしさを見つけることができた生徒もいます。環境が変わることで、気分転換もでき、毎日自分のペースで生活することができます。

⇒不登校でも進学できるサポートが充実した通信制高校を紹介しています

サイトマップ