おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 通信制高校に通う際に気になる疑問や不安を解決 »  通信制高校卒業と高卒認定試験の違いとは?

通信制高校卒業と高卒認定試験の違いとは?

大学や専門学校へ入学するには、2つ方法があります。

1つは、全日制の高校や通信制高校を卒業し、「高卒の資格」を取得する方法。もう1つは「高卒認定試験」で試験に合格して「高卒認定」を取得する方法。よく似ているこの「高卒資格」と「高卒認定」ですが、この2つは全く別のものです。この違いについて詳しく紹介します。 

通信制高校を卒業すると得られる「高校卒業資格」

通信制高校は、全日制のように毎日学校に通わなくとも、高校の卒業資格を得ることができます。それには、自己学習と出される課題のレポート、学校に通うスクーリング、それから単位取得試験があります。在籍3年以上かけて、必要な単位を取得し、試験に合格する必要があります。通信制高校なら、高校卒業の資格を取得できるので自分の夢に向かって、大学や専門学校といった進学ができますし、最終学歴が高卒になりますので、就職にしても、最終学歴が中卒よりは仕事の幅が広がるというメリットがあります。

高卒認定試験で合格すると得られる「高卒認定」

一方、高卒認定試験とは、高等学校卒業程度認定試験のことで、平成17年以前は、「大学入学資格検定」といわれていました。これは、何らかの理由で、高校を卒業できなかった人に、試験を行い、高校卒業した場合と同等レベル以上の学力があるかどうかを評価し、それを認定するための試験です。

認定試験に合格をした人は、大学や、短大、専門学校を受験する資格をもらうことができます。合格の証明は進学試験の時だけではなく、就職の時にも活用することができます。最終学歴が中卒であっても、試験に合格すれば進学という夢を追うことができます。ただし、16歳以上でないと受けることができません。

この試験に合格したからといって、高校卒業の資格が取得できるわけではありませんので、大学進学や専門学校に合格しなければ、最終学歴が中卒か高校中退となりますので注意が必要です。

サイトマップ