おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 通信制高校に通う際に気になる疑問や不安を解決 » 通信制高校の入試や面接ってどんなもの?

通信制高校の入試や面接ってどんなもの?

通信制高校に入るには、試験が必要になります。高校によって試験内容はさまざまですが、ここでは、通信制高校の一般的な入試試験について紹介します。

通信制高校の面接は「落とす試験」ではない

全日制の進学校であれば、中学までの学習内容を余すところなく勉強し競争に勝ち抜かなければなりませんが、通信制高校の入試の場合は落とす試験ではありませんので、学校を不登校になった人も、一旦社会にでて働いて就職した人もあまりあせる必要はありません。

  • 書類審査は必ずある

書類審査はどの学校にもあります。入試の時点で必要な書類は渡されますので、もれなくしっかり書いて提出すれば問題ないです。

  • 筆記試験を行うところもある

高校受験というと中学の勉強を一から始めて対策を練らなくてはと思うかもしれませんが、その心配はありません。通信制高校の中にも進学に非常に力を入れている高校もありますが、通信制の高校に通う生徒の中にはなんらかの理由で不登校になってしまい、学習から離れている人も多いので、それほどハードルは高くありません。

公立の通信制の高校によっては、英語・数学・国語などの筆記試験がある高校もありますが、学力がどの程度かを確認するためでもありますので、リラックスして解きましょう。高校によっては試験として作文がありますが、テーマについて自分の思ったことを書けば大丈夫です。

  • 面接は多くの通信制高校が実施

筆記試験はなく面接試験だけというところも多いです。面接時間は数分~20分の学校が多いようで、集団か個別面接になります。

質問内容は、高校によってさまざまですが、「なぜこの高校を選んだのですか」というその高校を選んだ動機は聞かれることが多いです。

他には「高校で何をしたいか」などで、難しい内容の質問はありません。面接で、入学後にどんなサポートを必要とするのかをみていることもあり、落とす目的の面接ではありませんので、自分がやりたいことや自分の考えをしっかりと伝えてください。

合格率は全日制の高校に比べるとかなり高い

全国的に通信制の高校が増えていることもあり、通信制高校の合格率は全日制の高校に比べるとかなり高い合格率になっています。しかし、高校にも定員はありますので、あまりにも受験者数が多かったり、それまでいじめをしていたり、犯罪歴があるなどの素行の悪さ等が理由で不運にも試験に落ちる場合もあります。

自分は合格するぞという意気込みで頑張ってください。試験をうけるという姿勢と身だしなみチェックは必要ですが、緊張せず普段の感じで面接に行きましょう。

サイトマップ