おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 東京・埼玉・千葉から通えるおすすめの通信制高校 » 千葉県で卒業率の高い通信制高校の評判や学費を比較 » 飛鳥未来高等学校

飛鳥未来高等学校

多彩な分野の専門学校と連携!飛鳥未来高等学校の特徴

飛鳥未来高等学校HP

引用元:飛鳥高等学校(http://www.sanko.ac.jp/asuka-mirai/)

それぞれの生徒の個性を大切にしている飛鳥未来高等学校は、自分にあった通学スタイルが選べて、服装も自由!さらに、転入や編入時は、単位や在籍期間を引き継ぐことができる通信制高校で、自分のペースで高校卒業を目指せます。自由に選べる学校行事もたくさんあるので、友達もできやすい環境と言えます。

飛鳥未来高等学校なら、不登校になってしまった人、仕事をしている人、芸能やスポーツを両立したい人、高卒資格を目指している人、どんな人でも自分にベストな学習スタイルを見つけることができます。単位制なので、留年の心配もありません。サポート校や技能提携ではありませんが、多くの専門学校と連携した通信制高校なので、様々な分野で専門の学習ができます。

飛鳥未来高等学校の学習コースと進学実績

コース内容

ベーシックコース

自分の好きな時間に学ぶことができ、登校日数や登校時間を自由に決めることができます。いつでも来て、いつ帰ってもOK!そんな自由なスタイルです。

スタンダートコース

週1回のホームルームに参加します。自分で決めていけるので、負担も少なく、楽しく学ぶことができます。学校行事の参加も自由なので、クラスの友達と楽しく学園生活を送ることもできます。

3DAY・5DAYコース

クラス制を採用していて、週3回の登校と毎日通うクラス制もあります。いろいろな課外授業にも参加して、仲間が見つかるなどの経験ができます。

サポート体制

進学や就職にあわせて、外部の合同ガイダンスに参加したり、学校内で進路調査をして、個々の進路計画をたててくれます。また、担任制を採用、専門知識をもった進路担当がいるなどサポート体制は万全です。個別面談や面接練習なども行ってくれます。また、飛鳥未来高等学校では、全国にあるキャンパスでスクーリングも可能で、自由に学ぶことができます。 

進学実績

慶應義塾大学、早稲田大学、法政大学、明治大学、上智大学、日本大学、東海大学、駒澤大学、近畿大学、東洋大学、神奈川大学、東京農業大学、帝京大学、復旦大学、亜細亜大学、愛知東邦大学、愛知文教大学、青山短期大学、洗足学園音楽大学、石巻専修大学、和泉短期大学、植草学園短期大学、大阪学院大学、大阪商業大学、大手前大学、追手門学院大学、嘉悦大学、神奈川工科大学、金沢工業大学、川口短期大学、川村学園女子大学、関東学院大学、九州産業大学、京都外国語短期大学、京都光華女子大学、など。

飛鳥未来高等学校の評判

飛鳥未来高等学校在校生(男子)のコメント

「飛鳥未来は自分のペースで通えるので、いろんなことにチャレンジする余裕ができました。山登りなどの学校行事に参加したり、様々な経験を重ねるうちに、自分の好きなことを仕事にしたいと思うようになりました!ペットスタイリストになるという夢のためにも、勉強もがんばりたいと思っています。」

飛鳥未来高等学校在校生(女子)のコメント

「中学の頃は不登校だったので、高校も毎日通えるか不安に思い、飛鳥未来の3DAYコースへ。先生はとても話しやすくて、なんでも相談にのってくれます。そのおかげでいろんなことに前向きになれました。さらに、学校推薦を受け、自動車整備士の専門学校へ進学予定です。」

飛鳥未来高等学校在校生(女子)のコメント

「芸能界のお仕事を優先したかったので、都合のいい日に通学できる飛鳥未来を選びました。小・中学校の頃は友達関係がうまくいかず悩んでいたけれど、この学校に入ってからはそんな悩みとは無縁の生活で、人と話すのが好きになれました。飛鳥未来は、先生も生徒もみんな優しくて、楽しい毎日を過ごせています。アイドルや舞台、モデルなど、いろんなことを経験して、どんどん上を目指したいです。」

飛鳥未来高等学校の学費について

ベーシックコース・3DAY・5DAYコース

入学金

1万円

申し込み時に選考料として別途1万円が必要です。学費は入学時に一括で支払うことが原則となります。

授業料

年間22万4,000円

1単位あたり8,000円の授業料が発生します。

施設費など

施設設備費:年間6万円

教材費:年間4万5,000円前後

「ベーシックコース」補習費:10万円

「3DAY・5DAYコース」補習費:28万円

その他、有料の行事に参加の場合1回当たり2,000円前後の費用が必要になります。

その他

飛鳥未来高等学校では就学支援金制度が利用可能です。受講する単位数や保護者の所得によって支給額は異なりますが、支援の対象になれば1単位当たり4,812円前後が国から支給されます。年間28単位修得する場合、13万4,000円もの支援金を受け取ることができますよ。

学費の支払いは、学校が提携している民間の教育ローンを利用することも可能。一般的なローンに比べ申し込み手続きや審査がスピーディ―なうえ、年率3.5%の低金利で利用できます。

通信制高校についてもっと詳しく知りたい

飛鳥未来高等学校の学校データ

北海道、宮城、東京、千葉、神奈川、愛知、奈良、大阪、広島、福岡に計11キャンパスを展開しています。その中から関東で展開しているキャンパスをピックアップして紹介します。

東京都・千葉県・神奈川県のキャンパス一覧

所在地
アクセス

池袋キャンパス

東京都豊島区南池袋2-32-2
J池袋駅より徒歩5分

綾瀬キャンパス

東京都足立区綾瀬2-30-6-4F
東京メトロ千代田線綾瀬駅より徒歩3分

千葉キャンパス

千葉県千葉市中央区本千葉町8-9-7F
JR千葉駅より徒歩13分

横浜キャンパス

神奈川県横浜市神奈川区冨家町6-7
JR東神奈川駅より徒歩分

サイトマップ