おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 東京・埼玉・千葉から通えるおすすめの通信制高校 » 千葉県で卒業率の高い通信制高校の評判や学費を比較 » 東葉高等学校 通信制

東葉高等学校 通信制

一人ひとりの「夢を叶える力」東葉高等学校の特徴

東葉高等学校HP

引用元:東葉高等学校(http://www.toyohs.ed.jp/index.html)

大正14年に創業して以来、「夢を叶える力」を育て続けています。自分らしい学校生活、学習方法で充実した人生を創り上げることができるように指導。体育祭、文化祭などの学校行事や、学年レクレーションなども行い、生徒同士でのコミュニケーションを積極的にとっています。また、特別講座では、各分野で活躍する経験者の体験談などを毎月、視聴することができます。 

東葉高等学校の学習コースや進学実績

コース内容

東葉高等学校通信制の大きな特徴がインターネットでの授業。ネットでの学習なので、いつでもどこでも気軽に学べます。授業も自宅で好きな時間にでき、わからないことも質問ができるので安心です。

通信制は、対面型授業を実施することが義務づけられていて、これを一般にスクーリングと呼んでいます。スクーリングは、夏と春の2回に実施され、年間で10日程度になります。飽きることなく集中して授業を受けることができます。

進学実績

国立山形大学・首都大学東京・千葉県立保健医療大学・上智大学・中央大学・法政大学・成蹊大学・明治学院大学・獨協大学・國學院大学・東邦大学・日本大学・東洋大学・駒澤大学・専修大学・神田外語大学・工学院大学・芝浦工業大学・玉川大学・東京電機大学・東京農業大学・中京大学・名城大学・武蔵野大学・大東文化大学・東海大学・亜細亜大学・帝京大学・国士舘大学・大正大学・立正大学・千葉工業大学・二松學舎大学・日本薬科大学など。

東葉高等学校の評判

東葉高等学校通信制卒業生(女子)のコメント

「私は三年間、進学選抜クラスにで勉強して、学力に自信が持てるようになりました。大切な仲間ができたしとても充実した高校生活を送れました。今は、デザイナーを目指して作品の制作課題に取り組んで頑張っています。第一志望の大学に進学し、将来の夢に向けて頑張れているのも東葉高校に通ったからだと思っています。」

東葉高等学校通信制卒業生(男子)のコメント

「勉強がとにかく嫌いで何をやってもうまくいきませんでした。そんな時、自分のささえになったのが部活動であり、仲間達の励ましでした。みんながいてくれたから、頑張れてたと思います。部活動を引退してからは、受験勉強に励み、充実した時間を過ごせました。努力の甲斐があって、明治学院大学に現役合格した時は、本当に嬉しかったです。インターネットを活用して、ご自宅のパソコンやタブレットを使っての学習方法を採用しています。どこででもいつでも学ぶことができます。」

東葉高等学校の学費について

通信制課程

入学金

6万円

入学時には入学時手続き金として別途33万9,000円が必要です。

授業料

年間40万8,000円(月額3万4,000円)

授業料は月額3万4,000円を毎月納入する形になります。

施設費など

施設維持費:年間14万5,000円

システム管理費:年間10万円

その他

通信制課程は自宅でパソコンを使って学習するため、自宅でインターネットが利用できるパソコンを各自で用意する必要があります。10万円前後の出費が増えることになりかねません。入学後、追加で費用がかからないように、受講に必要なシステム環境をあらかじめ確認しておきましょう。

通信制高校についてもっと詳しく知りたい

東葉高等学校データ

所在地 学校法人船橋学園 東葉高等学校 千葉県船橋市飯山満町2-665-1

通信制高校であり、サポート校や技能提携はありません。

サイトマップ