おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 東京・埼玉・千葉から通えるおすすめの通信制高校 » 自分のスタイルに合わせて選べる東京の通信制高校はココ!! » 第一薬科大学付属高等学校

第一薬科大学付属高等学校

第一薬科大学附属高等学校は『個性の伸展による人生練磨』を校是として掲げ、生徒一人ひとりが持つ資質や美点、長所や特技を伸ばすことを理念とした学校です。生徒自身が目標に合わせて学習するシステムを採用しており、空いた時間は将来の夢の実現に充てられるのが特徴です。

第一薬科大学付属高等学校の口コミ評判や特徴などをご紹介しています。

第一薬科大学付属高等学校 渋谷キャンパスの特徴

引用元:第一薬科大学付属高等学校(http://shibuya.f-parama.ed.jp/)

第一薬科大学付属高等学校の渋谷キャンパスは、「学ぼうとする気持ちに応えたい」というモットーを掲げ、平成26年にJR渋谷駅から徒歩2分の場所に開校しました。生徒が自身の目標に合わせて学習スケジュールを組むので、自分のペースで無理なく学ぶことができます。学習が不安な生徒でも、メールで勉強の進み具合や将来の進路の相談ができるため安心です。

  • レポートは教科書や参考書を自学自習して学校へ送る
  • 時間割を自分で組むことが可能で、登校して先生から直接学べる
  • レポートとスクーリングを終了した人は、試験を受け合格すると単位が認められる
  • コースは毎週通学コースと集中通学コースとで選べる
  • 私服OK。JR渋谷駅から徒歩2分とアクセスも便利
  • 校外学習やボランティア活動などのイベント行事も充実
  • 卒業生には氷川きよしや絢香など、芸能界で活躍する人も多い

第一薬科大学付属高等学校の学習コースや進学実績

コース内容

  • 毎週通学コース(毎週水曜:約10日間)

前期(4月~9月)または後期(10月~3月)の毎週水曜日(約10日間)に自分の履修登録した科目の時間だけ通学し、授業に出席するコースです。前期と後期の授業内容は同じなので、出席はどちらか、または、前期・後期を半分ずつ受けることも可能です。

  • 集中通学コース(夏・冬:約10日間集中)

夏期または冬期に約10日間集中して、履修登録した科目の時間に出席します。夏期と冬期の授業内容は変わりません。そのため、出席は夏か冬のどちらか選ぶか、夏・冬それぞれ半分ずつ受講することもできます。

※毎週通学コースと集中通学コースの選択は、入学面接時の説明の後にも決めることができます。年度の途中でコースの変更はできませんので、ご注意ください。

サポート体制

第一薬科大学付属高等学校は、一生懸命に努力しようとする生徒の為に門戸を開いた学校です。通信制課程では何らかの事情で高等学校に進学しなかった人や、それぞれの事情で高等学校を中途退学した人などでも、「学びたい」という気持ちに応えられるようにしています。

スクーリング時には国公立大学や有名私立大学出身者をはじめ、充実した教師陣が「難しいことを易しく、易しいことをより深く」をモットーに効率よく教えます。新入学や転編入学でも先生が熱心にサポートして卒業を目指し、卒業後の進路も学園グループ内に幾つもの大学・短大・専門学校を有しているので、安心できる環境と言えるでしょう。

進学実績

日本経済大学、立命館大学、関西&ウェブスター大学、第一薬科大学、立教大学、創価大学、第一工業大学、関西大学、国際武道大学、神戸医療福祉大学、専修大学、東海大学、横浜薬科大学、日本大学、神戸学院大学、福岡こども短期大学、日本体育大学、日本文理大学、東京大学、学習院大学、神戸松蔭女子学院大学、筑波大学、国学院大学、川村学園女子大学、長崎大学、エリザベト音楽大学、神戸女子院大学など。

第一薬科大学付属高等学校の評判

在校生(男子)のコメント

「もともと全日制の学校に通っていましたが、通信制に転学しようと決めたのは、大学に進学したいという夢を追いかけながら、自分のやりたいことを見つけられるのではと思ったからです。全日制では学ぶ機会がないような出会いもあり、アルバイトを通して色々な年代の方との会話も経験しました。今は将来の夢に向かって頑張りたいです。」

在校生(女子)のコメント

「通信制に転学することを選んだのは、歌とダンスという道に真剣に向き合いたかったからです。全日制では難しいことでした。今はここに通いながら、歌とダンスのレッスンに通い、日々技術を磨いています。もっと上を目指して芸能関係の仕事に携われたらいいですね。夢を全力で追いかけることができるこの道を選んで良かったです。」

卒業生(女子)のコメント

「他の高校とはまた違った経験を積める高校だなと感じます。生徒の数が多いのでイベント時は盛り上がりますね。科やコースもさまざまで、勉強と自分のやりたいことを両立できるのが嬉しいです。色んな地域から生徒が集まっているので、生徒との交流も楽しくて、面白い学校だと思います。中には芸能に特化した特殊なコースもあり、在校生・卒業生問わずにメディア露出している方もいるので、刺激的な毎日を送れています。」

卒業生(男子)のコメント

「明るく感じの良い学校に通いたいと思っていて、いくつか学校の説明会へ参加し、悩んだ末にクラスの雰囲気の良さと部活の多さに惹かれてココを選びました。先生は甘すぎず厳しすぎず、きちんと生徒に向き合ってくれました。いじめもなくて、進学をしたいと思っていた自分にとってはとても良い高校だったと思います。」

第一薬科大学付属高等学校の学費について

入学金

3万円

授業料

1万3,912円(1単位188円×74単位)

教育充実費

14万8,000円(1単位2,000円×74単位)

通信費

3,000円(年間1,000円×3年)

卒業準備金

3,000円(卒業年度のみ)

合計金額

197,912円(3年間の合計/およそ1ヶ月5,500円弱)

※就学支援金を受けて、3年間で74単位履修し卒業する場合の校納金例です。詳細は公式ホームページをご参照ください。

通信制高校についてもっと詳しく知りたい

第一薬科大学付属高等学校の学校データ

所在地 都築学園グループ 第一薬科大学付属高等学校

【渋谷キャンパス】東京都渋谷区桜丘町25-14

サイトマップ