おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 東京・埼玉・千葉から通えるおすすめの通信制高校 » 自分のスタイルに合わせて選べる東京の通信制高校はココ!! » 明聖高等学校

明聖高等学校

学びや体験を通して「知る」喜びを感じ、「できる」を積み重ねていくことで、充実した毎日を送ってほしい。このような「自主自立」を目標にしている明聖高等学校の口コミ評判や特徴などを紹介しています。 

明聖高等学校の教員はメンタルヘルスやカウンセリングといった研修を受講し、資格を取得しているのが特徴です。「登校するのが怖い」「勉強についていけなさそう」「人間関係がうまくいくか心配」といった、悩みを抱える生徒たちへ門戸を開いています。

 

全日からWEBコースまである明聖高等学校の特徴

明聖高等学校

引用元:明聖高等学校(http://www.meisei-hs.ac.jp/)

明聖高等学校では、千葉県千葉市の本校と中野キャンパス、WEBコースとで幅広いコースを選択できることが特徴です。

本校と中野キャンパスでは全日コースと全日ITコース、通信コース、3日制コースを選択することができます。スマートフォンからも授業を受けることができるWEBコースにはサイバー学習国とサイバーアカデミーの2つの学習コンテンツがあります。

  • 全日コースでは、中学校の総復習の基礎から始められる
  • 全日ITコースではITに関する知識やスキルを身につけられる
  • 通信コースでは自分のペースで勉強できる (本校のみ)
  • 3日制コースでは、学問と趣味を両立することができる (中野キャンパスのみ)
  • サイバー学習国はアバターを通して学ぶ「日本初の通信教育システム」を導入
  • サイバーアカデミーでは、WEBを通して動画授業を受けれる

明聖高等学校の学習コースや進学実績

コース内容

  • 全日コース(本校・中野キャンパス)

週5日登校する全日制スタイルのコースです。制服を着用し、多彩な学校行事や体験講座を通して、生徒の自主自立をサポートします。中学時代に不登校を経験した生徒も多く、無理のない登校日数からの登校支援や放課後指導等をしています。

  • 全日ITコース(本校・中野キャンパス)

カリキュラムの中心は、ゲームプログラミング・ロボット製作・アプリケーション開発といった学習。このようなIT学科の教鞭を執るのは、業界で活躍しているプロ講師。そのため、在学中から業界とさまざまな形でふれあい、活動できるのが魅力です。今、注目の分野で、次世代で活躍できる人材を目指してみませんか。

  • 通信コース(本校)

定期的な「レポート提出」「スクーリング出席」「単位認定試験」の3ステップで学習します。 自分の時間と勉強を両立させながら、自分のペースで高校卒業を目指します。先生がレポートや進路などの相談に個別に対応しますので、ひとりでの勉強が不安な人も安心です。

  • 3日制コース(中野キャンパス)

「登校はしたいけど、毎日通えるかどうか分からない…」という人に向いています。アルバイトや趣味、スポーツや芸能活動など、学校とやりたいことを両立させたい人は検討してみてはいかがでしょうか。

  • WEBコース

月WEBコースではサイバー学習国とサイバーアカデミーの2うの学習コンテンツから選ぶことができます。

サイバー学習国は、自分自身のアバターを作ってバーチャルスクールへ通う、日本でも珍しい教育システムです。チャットを使って他の生徒とコミュニケーションを取れますし、ミニテストもバーチャルスクールで受けられます。一方、サイバーアカデミーでも、「サイバー学習国」と同様の動画授業を受けられます。WEB配信型の授業で資格取得を目指しつつ、高校卒業まで学べるシステムです。

サポート体制

明聖高等学校は不登校経験者や勉強が苦手な生徒のサポートが充実しています。生徒が登校できない理由は人それぞれと考え、最初は無理のない登校日数や登校時間を教員と相談しながら決めていきます。教員はカウンセリングの資格を持っているので、生徒一人ひとりをしっかりと見守ることができます。勉強が苦手な生徒には個別学習も対応しており、教室での授業が苦手な生徒のサポートも万全です。

進学実績

大学は名古屋(国立)、慶應、国際基督教、上智、早稲田、東邦、立教、明治、成蹊、同志社、獨協、沸教、成城、東京理科、日本女子、法政、明治学院、二松学舎、日本、大妻女子、専修、大正、東京農業、など。

短期大学では宮古海上技術短大(国立)、立教女学院短大、女子栄養短大、日本歯科大学東京歯科短大、千葉敬愛短大、聖徳短大、大妻女子短大など。

就職では、医療、飲食業、運送、運輸、卸売業、介護、教育、漁業、芸能、建設業、公務員(海上、陸上)など、幅広く活躍しています。

明聖高等学校の評判

明聖高等学校在校生(全日コース 女子)のコメント

「中学制の頃はあまり学校に行けませんでした。なので、高校の勉強についていけるのか、友達ができるのかはとても不安でした。けれど、明聖での生活は楽しくて、先生たちは優しく勉強を教えてくれましたし、たくさんの行事を通して仲良くなった友達もいます。残りの学園生活もめいっぱい楽しみたいですね。」

明聖高等学校在校生(通信コース 女子)のコメント

「パソコンで千葉にある通信制高校を検索して、明聖を見つけました。通信制高校はたくさんありますが、ココを選んで本当に良かった!学校は静かな雰囲気で落ち着きますし、先生たちの授業もとても分かりやすいです。腰を据えて勉強をするのにはとても良い環境ですね。休み時間も生徒の一人ひとりが思うままに過ごしていて、とても気楽です。」

明聖高等学校卒業生(通信コース 男子)のコメント

「最初は進学校に通っていたのですが勉強に追いつくことができず、高校1年の時点で転校を考えるようになりました。通信制だと自分の時間をたっぷり取ることができて、そのぶん勉強に力を入れられるかなと思ったのが、明聖を選んだきっかけです。進学校を諦めても大学には進学したいと強く感じていたので、高校2年生になってからは本格的に勉強を始めました。3年生からは受験勉強の没頭する日々で、模試で成績が上がるたびにワクワクしました。1回限りの真剣勝負という点でとても緊張しましたが、無事に大学に合格できたので嬉しいです。これからも大学での勉強を頑張ります。」

明聖高等学校卒業生(全日コース 男子)のコメント

「小学生の頃から周りと馴染むことができずに、不登校になってしまいました。それでも進路決定をしなければならない、という局面に立たされた時に担任の先生から勧められたのが、明聖高校だったんです。明聖は生徒の能力を伸ばすためのカリキュラムが豊富で、勉強だけではなく生活面や進路面でもしっかりサポートしてくれました。あとは、自分自身が一歩を踏み出す勇気が必要なんだと思います。」

明聖高等学校の学費について

全日コース/全日ITコース

入学金・授業料・施設費・コース費(年額)

83万円 ※世帯収入により就学支援・学費減免があり

納付額合計(年間)

世帯収入により83万円~47万円

3日制コース

入学金・授業料・施設費・コース費(年額)

53万円 ※世帯収入により就学支援・学費減免があり

納付額合計(年間)

世帯収入により53万円~35万円

通信コース/WEBコース

入学金・授業料・施設費・コース費(年額)

23万円 ※世帯収入により就学支援・学費減免があり

納付額合計(年間)

世帯収入により23万円~5万円

その他納入金

教科書・副教材の購入費用

全日コース・全日ITコース:約17,000円

3日制コース・通信コース:約14,000円

WEBコース:約12,000円円

明聖高等学校育英会費(月額)

全日コース・全日ITコース:約10,000円

3日制コース:約20,000円

通信コース:約12,000円

制服・体操服・通学用鞄の購入費用

全日コース・全日ITコース:約80,000円

3日制コース・通信コース・WEBコース:任意

教育施設設備充実基金

一口:50,000円

※明聖高等学校では、就学支援金(国の制度)なども用意されています。また、授業料を分納することも可能です。

明聖高等学校の学校データ

 
所在地 学校法人花沢学園 明聖高等学校

【本校】千葉県千葉市中央区本千葉町10-23

【中野キャンパス】東京都中野区中野3-34-29 7F(受付)・8F

サイトマップ