【都道府県別】希望エリアから
通信制高校・技能連携校を探す

東北

北海道

青森

秋田

岩手

山形

宮城

福島

関東

中部

新潟

富山

石川

福井

長野

岐阜

山梨

愛知

静岡

近畿

京都

滋賀

大阪

奈良

三重

和歌山

兵庫

中国

鳥取

岡山

島根

広島

山口

四国

香川

愛媛

徳島

高知

九州

福岡

佐賀

長崎

大分

熊本

宮崎

鹿児島

沖縄

CLOSE

通信制高校の服装は自由?

スクーリング時の服装は意外と重要です。通常、服装については自由な場合が多く、学校ごとに決められています。指定の制服がある学校や、制服か私服のどちらかを選べる学校があり、中には最初から私服で登校できる学校も。登校する際の制服・私服、そのメリットなどを紹介します。

通信制高校によっては私服OKな場合もある

スクーリング時の服装は、各学校により規定があります。指定の制服を着て登校する学校、制服か私服か選べる学校、そもそも制服がなく私服で登校する学校があるのが一般的です。生徒によって服装の問題は意外と重要で、学校を選ぶ基準にもなり得ます。実用性から言うと、私服・制服どちらでも、勉強の負担にならない服装が一番ではないでしょうか。

服装自由な通信制高校のメリット

自分が好きな服で通学できる

通信制高校の服装が自由なことのメリットの一つは、個性を発揮できること。好きなものが着られ、通学時の気分も上がるのではないでしょうか。また、学生の中には、仕事やアルバイトと掛け持ちをしている人もいます。私服でもよいということは、職場の制服のまま学校に行けて無駄がありません。逆に、職場に行くとき学校の制服だと目立ってしまうという理由から、私服での通学を選ぶ場合もあるでしょう。

制服の費用を抑えられる

制服は一着数万円する高価なもの。入学が決まると、まずは入学金や授業料等でまとまった費用が必要になります。学費が安く済む公立高校でも、授業料は免除されるものの、制服費用は対象外です。制服が必要なければ、費用負担の一部を軽減できることがメリットと言えるでしょう。また、制服は定期的にクリーニングが必要になり維持費がかかりますが、私服での登校の場合は、その心配はありません。

制服よりも楽に動ける

通信制高校に通う人の中には、決められた服装自体が大きなストレスとなることから、制服が苦手な人もいます。一般的に分厚く丈夫な素材で作られている制服は、動きにくかったり、窮屈に感じたりします。その点、私服であれば動きやすくストレスのない服装を選べ、サイズや好みも自分に合わせることが可能。また、自分の体調に合わせた服装で体温調節できるのは、積極的な通学につながると言えるではないでしょうか。

制服がある通信制高校のメリット

コーディネートを考える必要がない

制服があることのメリットは、何より服装に頭を悩まなくていいことがあげられます。毎回身支度で着るものに迷うせいで、通学自体が億劫になる心配がありません。また、制服を着ることで「これから学校に行く」という気持ちに切り替えるスイッチの役割にもなるのではないでしょうか。私服だと個性が出る事で、逆に負担になる人も少なくありません。周りと同じであることの安心感も、制服のメリットと言えるでしょう。

冠婚葬祭などの行事でも使える

制服購入は、一時的に負担が大きいかもしれませんが最初だけで、その後卒業まで着ることも可能。私服はプライベート、制服は学校というメリハリも生まれるのではないでしょうか。また、フォーマルで落ち着いた印象を与える制服は、授業以外の場面でもメリットがあります。入学式や卒業式といった節目の学校行事はもちろんですが、冠婚葬祭などのために「一着持っていれば安心」という面でも便利。

編集チームのまとめ

通信制高校は、自分のライフスタイルに合った学び方を選択できることが特長。同様に、服装についても自分が勉強に集中できるものを選ぶことで、学校生活がより快適なものになるのではないでしょうか。私服・制服のどちらでも勉強の負担にならない服装が一番。服装の規定は、学校やコースによって異なるので、入学前に確認をしておくことも重要。実際の学校生活をイメージしながら、自分にピッタリの学習環境を選択したいものです。

目的や特徴から選ぶ!
おすすめの通信制高校
・技能連携校

通信制高校は、学校によって力を入れている分野や強みが異なります。
ここでは、学校に求めるサポート体制や通信制高校に入学する目的別でおすすめの通信制高校を紹介しているので、
自分自身やお子さんの個性、希望の進路に合った通信制高校を選びましょう。

おすすめの通信制高校・技能連携校