【都道府県別】希望エリアから
通信制高校・技能連携校を探す

東北

北海道

青森

秋田

岩手

山形

宮城

福島

関東

中部

新潟

富山

石川

福井

長野

岐阜

山梨

愛知

静岡

近畿

京都

滋賀

大阪

奈良

三重

和歌山

兵庫

中国

鳥取

岡山

島根

広島

山口

四国

香川

愛媛

徳島

高知

九州

福岡

佐賀

長崎

大分

熊本

宮崎

鹿児島

沖縄

CLOSE

NHK学園高等学校

広域通信を利用した通信制高校、NHK学園高等学校の特徴や口コミ評判などを紹介します。

NHK学園高等学校の特徴

NHK学園高等学校HP
引用元HP:NHK学園高等学校
(https://www.n-gaku.jp/sch/)
学校形態通信制高校
コーススタンダードコース/ライフデザインコース/登校コース/教養・海外特科コース
キャンパス全国7エリア(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄)44ヶ所にキャンパス(スクーリング会場含む)

50年以上の歴史のあるNHK学園高等学校は、放送やネットを使った効率のいい学習方法を行う通信制高校です。テレビやラジオの外国語講座など通信教育では、独自のコンテンツやノウハウを持っています。主な特徴は以下になります。

  • 放送やネットを使った学習スタイル
  • 登校頻度や会場によってコースが選べる
  • 海外在住でも単位取得・卒業が可能
  • レポートや学習ノートはオリジナル教材を使用
  • 電話やメールなどで疑問・質問に対応
  • 担任・教科担当・カウンセラーが幅広くサポート

NHK学園高等学校の評判

NHK学園高等学校の在校生や卒業生、保護者の口コミを紹介します。

先生も優しかったです

前の学校でいじめにあい編入しました。

トラウマが抜けず怯えながら学校に通っていましたが、先生方が明るく挨拶してくれたり授業で初めましての先生も優しかったです。

担任の先生も、私のことを見かけるといつも笑顔で明るく声をかけてくれ励まされました。

教頭先生に初めて会ってお話をしたとき、電車に乗ってここに来れただけですごいことだよと言われ救われました。(後略)

引用元:google map(https://www.google.com/maps/place/NHK学園高等学校/@35.6867344,139.4436531,15z/data=!3m1!5s0x6018e3f46732e341:0x348ac51efd79e8f0!4m8!3m7!1s0x6018e3f4584424bf:0xd456e2a2bed86754!8m2!3d35.6867344!4d139.4436531!9m1!1b1!16s%2Fg%2F1221xzhp)

隣の席の子と仲良くなれた

通信制で友達ができるのか不安でいっぱいでしたが冬にテストがあった際に隣の席の子に話しかけた結果仲良くなる事ができました。卒業した今も連絡を取り合っています。卒業後に何をしたいかはしっかり担任の先生にお話をすることでサポートしていただけました。自分から行動に移すことが楽しい学校生活を送るために必要だと実感しました。

引用元:通信制高校選びの教科書(https://e-tushin.com/review/nhk-gakuen/nhk-review/)

海外からでも学べる

オーストラリアにバレエ留学しているのですが、NHK学園には海外からでもインターネットを通じて学べるeコースがあり、海外からでも単位取得ができるので助かっています。他にも何人かバレエ留学をしているようなのでライバルの存在を感じながら勉強とバレエを続けています。

引用元:通信制高校選びの教科書(https://e-tushin.com/review/nhk-gakuen/nhk-review/)

NHK学園高等学校の学習コース

NHK学園高等学校には進学クラスや受験に特化したコースは特にありませんが、ネット学習コースは、放送視聴とレポートを日々行い、進学や卒業に必要な単位の修得を行います。レポートは難しいものではなく、簡単にできます。1つ30分程度でできるレポートを作成します。

よその通信制高校ではみられない、NHKならではの学習方法ともいえるのが、「放送視聴」という生徒への義務になります。これは、登校を少なくするために考えられたもので、ラジオやテレビで放送される「NHK高校講座」を視聴することになります。

他には、集中スクーリングを採用していて、4日間まとめて登校が必要になります。全国各地にある、連携校へ4日間連続で登校します。中間試験と期末試験と2回に分けて試験が行われます。

NHK学園高等学校のサポート体制

より良い学習環境のために、尾木ママの愛称で知られる教育評論家 尾木直樹さんをアドバイザーとして採用。学習環境を改善することで、生徒のやる気や目標、夢に繋がることになります。在校生はもちろんのこと、保護者の方や入学を考えている方に向け、様々な角度からアドバイスをします。

悩み相談に力を入れていて、生徒や保護者からの悩みをスクールカウンセラーが対応。電話で気軽に相談できる体制を整えています。

NHK学園高等学校の学費

ベーシックコース

受講料

年間36万円~39万円

1単位当たりの授業料は15,000円です。1・3年次は24単位履修、2年次は26単位履修することになります。

教育運営費

年間2万円

登校コース

受講料

年間36万円~39万円

1単位当たりの授業料は15,000円です。1・3年次は24単位履修、2年次は26単位履修することになります。

教育運営費

年間14万円

ネット学習Do itコース

受講料

年間23~27万円

1単位当たりの授業料は1万円です。1・3年次は23単位履修、2年次は27単位履修することになります。

教育運営費

年間6万円

ネット学習コース・ネット学習海外コース

受講料

年間24~26万円

1単位当たりの授業料は1万円です。1・3年次は24単位履修、2年次は26単位履修することになります。

教育運営費

年間2万円

その他、海外から学べる「ネット学習海外コース」では学習に必要な通信費を実費で負担しなければなりません。

全コース共通

以下項目に関しては、上記4コースすべてにおいて共通の費用です。

入学金

3万5,000円

入学金のほか、入学選抜料として1万円が必要です。

推薦入学の場合、入学金が免除されます。

設備充実費

年間1万円

生徒会費

年間2,000円

教材費

1科目あたり2,000円前後

その他

各種、奨学金制度が利用可能なのでチェックしてみてください。中学在学時に予約が必要な奨学団体もあるので、早めに確認しておきましょう。

「高等学校等就学支援金」の制度も利用できます。世帯収入が一定額未満であれば就学支援金の支給が受けられる制度です。最大で年間24万円の支援金を受け取ることができます。

NHK学園高等学校の指定校推薦

【大学】
桜美林大学、駒沢大学、相模女子大学、帝京大学、獨協大学、二松学舎大学、立教大学、ルーテル学院大学 など

【専門学校】
東京工学院専門学校、高崎福祉医療カレッジ専門学校、長崎医療こども専門学校 など

NHK学園高等学校の基本情報

学校名NHK学園高等学校
所在地東京都墨田区横網2-2-25(安田学園高校)
東京都国立市富士見台2-36-2(東京本校)
埼玉県さいたま市大宮区堀の内町1-615(大宮開成高校)
神奈川県横浜市南区三春台4(関東学院高校)
千葉県八街市八街ほ-625(千葉黎明高校)
アクセスJR両国駅より徒歩8分(安田学園高校)
JR南武線谷保駅より徒歩8分(東京本校)
JR大宮駅よりバス10分(大宮開成高校)
JR黄金町駅より徒歩11分(関東学院高校)
JR八街駅より徒歩13分(千葉黎明高校)
電話番号0120-451-424
公式HPhttps://www.n-gaku.jp/sch/

目的や特徴から選ぶ!
おすすめの通信制高校
・技能連携校

通信制高校は、学校によって力を入れている分野や強みが異なります。
ここでは、学校に求めるサポート体制や通信制高校に入学する目的別でおすすめの通信制高校を紹介しているので、
自分自身やお子さんの個性、希望の進路に合った通信制高校を選びましょう。

おすすめの通信制高校・技能連携校