【都道府県別】希望エリアから
通信制高校・技能連携校を探す

東北

北海道

青森

秋田

岩手

山形

宮城

福島

関東

中部

新潟

富山

石川

福井

長野

岐阜

山梨

愛知

静岡

近畿

京都

滋賀

大阪

奈良

三重

和歌山

兵庫

中国

鳥取

岡山

島根

広島

山口

四国

香川

愛媛

徳島

高知

九州

福岡

佐賀

長崎

大分

熊本

宮崎

鹿児島

沖縄

CLOSE

発達障がいのお子さんの特徴は?

「うちの子供は他の子供となんか違うかもしれない」「少し成長や発達が遅れているだけと思っていたけれど、大丈夫なのかな?」「最近ふさぎ込んでいるけれど、どうしたのかな?」と悩み不安を抱えている保護者の方は多いのではないでしょうか。ここでは、発達障がいの子供の特徴について紹介します。

発達障がいへのサポート体制が充実!
先に技能連携校や通信制高校を見る

注意欠陥・多動性障がい(ADHD)

生まれつき脳の機能に障がいがあることで起こり、未だはっきりとした原因が分かっていません。症状としては、注意力が散漫であったり、記憶力が悪い、物事の良し悪しの判断がつかず、感情を抑えることができません。病院で検査をして、食事療法や薬を飲んだり、心理療法で心のケアをしていきます。

学習障がい(LD)

脳に何らかの障がいがあるとされていますが、知的発達に遅れはみられません。ただ、「話す」「読む」「書く」「聞く」「計算する」といった能力のうち、どれかがスムーズに行えない障がいで、30人に1~2人※いると言われています。

※参照元:文部科学省(https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/tokubetu/material/__icsFiles/afieldfile/2012/12/10/1328729_01.pdf)

アスペルガーやうつなどの広汎性発達障がい

アスペルガーは、自閉症に似ているといわれ、人とのコミュニケーションがうまくいかなかったり、一つのことにこだわりすぎたりする面があり、周囲の人から変わった人と思われてしまいます。会話はできますが、相手の表情を読むことが苦手のようです。この場合には、心理療法で社会性を養います。

うつ病は、知的障がいはなく、何らかのストレスが原因で発症すると言われています。さまざまなストレスのうち特に多いのが、人間関係。学校や社会にでてうまく適応できず、人間関係に悩んだり、環境の変化について行けず発症してしまうケースが多いようです。

知的障がい

医療機関によって異なりますが、一般的には「知的機能・適応機能」の評価で判断され、軽度・中度・重度・最重度の4等級で分類されます。知的能力に障がいがありますが、はっきりとした原因は不明です。物事を判断したり、考えたり、理解したりという認知的な能力の部分での発達障がいです

どのような障がいがあるのかを見分けるには、その年齢相応の成長や発達ができているか、行動や言動はどうかというところで判断することができます。

グレーゾーンとよばれる人は、比較的症状が軽い人が多く、幼少期や小学校でも気づかれません。症状が軽ければより発見しにくいので、中学生や高校生になって見つかることも多いようです。そのため、気づかず全日制の高校に進学した際に、対人関係がうまくいかなかったり、学習についていけなくなってしまう子供が出てきます。そうなった場合は、周囲の人のサポート理解が必要になってきます。

発達障がいへのサポートが手厚い
技能連携校
PR

【技能連携校】
興学社高等学院

卒業率
98.9%
※卒業率は、2023年4月調査時点の情報です。
【技能連携校】興学社高等学院
引用元HP:興学社高等学院公式HP(https://highschool.kohgakusha.com/)
興学社高等学院の特徴
発達障がいをお子さんの個性として捉え
無理をさせずに得意を伸ばしてくれる学校

WISC-Ⅳ検査でお子さんの特性を把握し、得意を伸ばせる教育を行う

興学社高等学院は、発達障がいも子どもの個性の一つとして捉えており、入学の際に療育手帳の有無は問わないため、発達障がいをお持ちのお子さんでも全日制高校のような生活を送ることができます。希望者に対しては、「WISC-Ⅳ検査」と呼ばれる発達のバランスを知れる検査を実施し、生徒の個性に合わせたサポートを行うため、お子さんに無理をさせることなく、楽しい学校生活を送ることができる環境といえるでしょう。

コミュニケーションに関する苦手を克服できる

興学社高等学院は、SST(ソーシャルスキル・トレーニング)と呼ばれる、社会に出た時に役立つ、コミュニケーションスキルを学ぶ授業を取り入れているため、対人コミュニケーションが苦手なお子さんも安心できる環境です。一つの方針を強制する教育ではなく、生徒一人ひとりの多様性を認めてくれる学校といえるでしょう。

▼千葉県の新松戸校はコチラ▼

▼埼玉県の新越谷校はコチラ▼

興学社高等学院のコースの概要
総合進学科

総合進学科は、国語や数学、英語といった高校生の必修科目のほか、ハンドベルやフォトのように、特色のある授業を選べる学科です。授業の種類は160種類以上(2023年4月調査時点)あり、興味がある分野を見つけるきっかけにもなるでしょう。中にはオフィスソフトなど、就職した際に、すぐに役立つスキルが身に付く授業も用意されています。

リベラルアーツ科

リベラルアーツ科では、お子さんが持つ特有の感覚を社会で活用できるように、コントロールしていく力を身につけます。応用行動分析(ABA)を通して、人間の行動のきっかけを考え、自分が望む結果を得るためには、どう行動することが望ましいのか導けるよう、トレーニングを実施します。

▼千葉県の新松戸校はコチラ▼

▼埼玉県の新越谷校はコチラ▼

興学社高等学院の口コミ・評判
多様性を認めてくれて
嬉しかった

興学社高等学院に入学してから、私は勉強に力が入りました。また、将来に向けての考え方をしっかりと考えることもできました。 私は、性差別に人一倍敏感なジェンダーレスです。自分自身がスカートをはくこともあります。多様性を認めてくれるこの学校に入学できたことをとても嬉しく思っています。

引用元HP:興学社高等学院公式HP(https://highschool.kohgakusha.com/about/student)
学校のネガティブな
概念を覆してくれる

興学社高等学院は穏やかでとても楽しいところです。 前の学校では「みんなに合わせなきゃ」とか思っていたけど、この学校は良い意味でマイペースでいられる場所です。 「学校=辛い場所」という考えを覆す学校だと私は思います!

参照元HP:興学社高等学院公式HP(https://highschool.kohgakusha.com/about/student)
子どもの体調に合わせて
登校できた

興学社高等学院に通えて本当に良かったと親子で思っております。先生方は、とても親身に接してくれ、身体の不調もあり毎日登校はできませんでしたが、遅刻(午後から)登校でも明るく元気に迎えてくれた先生方に感謝しております。

引用元HP:興学社高等学院公式HP(https://kohgakusha-koshigaya.com/about/parents)
興学社高等学院の概要
キャンパスの所在地 埼玉県越谷市南越谷1-15-1 6F
(新越谷校)
千葉県松戸市新松戸4-35
(新松戸校)
アクセス 新越谷駅・南越谷駅から徒歩5分
(新越谷校)
新松戸駅・幸谷駅から徒歩2分
(新松戸校)
電話番号 047-309-8181

目的や特徴から選ぶ!
おすすめの通信制高校
・技能連携校

通信制高校は、学校によって力を入れている分野や強みが異なります。
ここでは、学校に求めるサポート体制や通信制高校に入学する目的別でおすすめの通信制高校を紹介しているので、
自分自身やお子さんの個性、希望の進路に合った通信制高校を選びましょう。

おすすめの通信制高校・技能連携校