【都道府県別】希望エリアから
通信制高校・技能連携校を探す

東北

北海道

青森

秋田

岩手

山形

宮城

福島

関東

中部

新潟

富山

石川

福井

長野

岐阜

山梨

愛知

静岡

近畿

京都

滋賀

大阪

奈良

三重

和歌山

兵庫

中国

鳥取

岡山

島根

広島

山口

四国

香川

愛媛

徳島

高知

九州

福岡

佐賀

長崎

大分

熊本

宮崎

鹿児島

沖縄

CLOSE

特別支援学校から高卒資格を目指すには

中学の特別支援学級から特別支援学校高等部へ入学し、卒業しても、残念ながら高卒資格は取れません。ここでは、そうした人が高卒資格を取得する方法をご紹介します。

発達障がいへのサポート体制が充実!
先に技能連携校や通信制高校を見る

特別支援学校高等部とは

特別支援学校は、障がいや病気を抱えた生徒が、自立を図るための知識や技能を習得するための学校です。国語、数学、英語、体育、音楽など、通常の高校で受ける教科のほか、生徒一人一人の能力を伸ばし、障がいがあっても自立して生きていくための教育なども行っています。

発達障がいのある生徒が特別支援学校に入学した場合、学習内容が自分のレベルに合わず、不登校になってしまう生徒も多くいるようです。

大学受験資格はあるが、高卒資格は取れない

注意したいのは「特別支援学校を卒業しても、高校卒業の資格を得ることはできない」という点です。特別支援学校高等部を卒業した場合、「特別支援学校高等部卒業」という資格が得られ、12年間の学校教育を修了したという証明こなるため、この資格があれば大学受験をすることができます。

しかし、これは高卒資格とは別のものなのです。授業に自立活動という領域を設けていたり、各教科を学ぶ時間総数に高校との差があったりするため、高卒資格とはなりません。その理由を詳しく解説するためには、まず特別支援学校高等部がどういった立ち位置にあるのかを理解する必要があります。

第1章「総則」第1条
「この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする」

第8章「特別支援教育」第72条
「特別支援学校は、視覚障がい者、聴覚障がい者、知的障がい者、肢体不自由者又は病弱者(身体虚弱者を含む。以下同じ。)に対して、幼稚園、小学校、中学校又は高等学校に準ずる教育を施すとともに、障がいによる学習上又は生活上の困難を克服し自立を図るために必要な知識技能を授けることを目的とする」

参照元:文部科学省「学校教育法」(http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/others/detail/1317990.htm)

特別支援学校高等部も当然学校として定められており、そこを卒業することで「特別支援学校高等部卒業」の学歴が認められます。しかし、「特別支援学校」の記述には、「幼稚園、小学校、中学校又は高等学校に準ずる教育」とあり、「同等の教育」とは書いていません。

つまり、特別支援学校を卒業した生徒は中卒資格しか持ち合わせていないことになってしまいます。そのため、「特別支援学校高等部卒業」の学歴は高校卒業と同等のものであるとはみなされず、高卒の学歴を得ることはできないのです。

ですが、高卒の学歴はもらえなくても、大学受験資格を得ることは可能です!文部科学省の定める大学入学資格は、以下の2つのうちいずれかを満たすものとなっています。

  • 1、高等学校又は中等教育学校を卒業した者(法第90条第1項)
  • 2、特別支援学校の高等部又は高等専門学校の3年次を修了した者(法第90条第1項)

参照元:文部科学省「大学入学資格について」(http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shikaku/07111314.htm)

つまり、特別支援学校高等部を卒業しても高卒資格は得られませんが、大学の受験資格を得ることは可能なのです。

特別支援学校の生徒が高校卒業資格を取得するには

高校卒業資格を取得し、無理なく通えるのが通信制高校です。特別支援学校を一度辞めて、入学し直す必要はありますが、学ぶ場を変えることで、納得した環境で落ち着いて学ぶことができます。学校によっては、課外活動やさまざまな体験ができる授業も用意されているので、そうした授業を通して才能が開花することもあります。

生徒の個性や状態に合わせてカリキュラムを組んでくれる学校は限られています。せっかく芽生えた学習意欲や卒業資格取得への意欲をそがないためにも、学校選びは重要です。そういった意味でも、障がいや個人の資質に理解のある先生やスタッフが常駐する通信制学校はお勧めです。

発達障がいへのサポートが手厚い
技能連携校
PR

【技能連携校】
興学社高等学院

卒業率
98.9%
※卒業率は、2023年4月調査時点の情報です。
【技能連携校】興学社高等学院
引用元HP:興学社高等学院公式HP(https://highschool.kohgakusha.com/)
興学社高等学院の特徴
発達障がいをお子さんの個性として捉え
無理をさせずに得意を伸ばしてくれる学校

WISC-Ⅳ検査でお子さんの特性を把握し、得意を伸ばせる教育を行う

興学社高等学院は、発達障がいも子どもの個性の一つとして捉えており、入学の際に療育手帳の有無は問わないため、発達障がいをお持ちのお子さんでも全日制高校のような生活を送ることができます。希望者に対しては、「WISC-Ⅳ検査」と呼ばれる発達のバランスを知れる検査を実施し、生徒の個性に合わせたサポートを行うため、お子さんに無理をさせることなく、楽しい学校生活を送ることができる環境といえるでしょう。

コミュニケーションに関する苦手を克服できる

興学社高等学院は、SST(ソーシャルスキル・トレーニング)と呼ばれる、社会に出た時に役立つ、コミュニケーションスキルを学ぶ授業を取り入れているため、対人コミュニケーションが苦手なお子さんも安心できる環境です。一つの方針を強制する教育ではなく、生徒一人ひとりの多様性を認めてくれる学校といえるでしょう。

▼千葉県の新松戸校はコチラ▼

▼埼玉県の新越谷校はコチラ▼

興学社高等学院のコースの概要
総合進学科

総合進学科は、国語や数学、英語といった高校生の必修科目のほか、ハンドベルやフォトのように、特色のある授業を選べる学科です。授業の種類は160種類以上(2023年4月調査時点)あり、興味がある分野を見つけるきっかけにもなるでしょう。中にはオフィスソフトなど、就職した際に、すぐに役立つスキルが身に付く授業も用意されています。

リベラルアーツ科

リベラルアーツ科では、お子さんが持つ特有の感覚を社会で活用できるように、コントロールしていく力を身につけます。応用行動分析(ABA)を通して、人間の行動のきっかけを考え、自分が望む結果を得るためには、どう行動することが望ましいのか導けるよう、トレーニングを実施します。

▼千葉県の新松戸校はコチラ▼

▼埼玉県の新越谷校はコチラ▼

興学社高等学院の口コミ・評判
多様性を認めてくれて
嬉しかった

興学社高等学院に入学してから、私は勉強に力が入りました。また、将来に向けての考え方をしっかりと考えることもできました。 私は、性差別に人一倍敏感なジェンダーレスです。自分自身がスカートをはくこともあります。多様性を認めてくれるこの学校に入学できたことをとても嬉しく思っています。

引用元HP:興学社高等学院公式HP(https://highschool.kohgakusha.com/about/student)
学校のネガティブな
概念を覆してくれる

興学社高等学院は穏やかでとても楽しいところです。 前の学校では「みんなに合わせなきゃ」とか思っていたけど、この学校は良い意味でマイペースでいられる場所です。 「学校=辛い場所」という考えを覆す学校だと私は思います!

参照元HP:興学社高等学院公式HP(https://highschool.kohgakusha.com/about/student)
子どもの体調に合わせて
登校できた

興学社高等学院に通えて本当に良かったと親子で思っております。先生方は、とても親身に接してくれ、身体の不調もあり毎日登校はできませんでしたが、遅刻(午後から)登校でも明るく元気に迎えてくれた先生方に感謝しております。

引用元HP:興学社高等学院公式HP(https://kohgakusha-koshigaya.com/about/parents)
興学社高等学院の概要
キャンパスの所在地 埼玉県越谷市南越谷1-15-1 6F
(新越谷校)
千葉県松戸市新松戸4-35
(新松戸校)
アクセス 新越谷駅・南越谷駅から徒歩5分
(新越谷校)
新松戸駅・幸谷駅から徒歩2分
(新松戸校)
電話番号 047-309-8181

目的や特徴から選ぶ!
おすすめの通信制高校
・技能連携校

通信制高校は、学校によって力を入れている分野や強みが異なります。
ここでは、学校に求めるサポート体制や通信制高校に入学する目的別でおすすめの通信制高校を紹介しているので、
自分自身やお子さんの個性、希望の進路に合った通信制高校を選びましょう。

おすすめの通信制高校・技能連携校