おすすめ通信制高校の選び方ガイド » 通信制高校のメリット・デメリットを解説

通信制高校のメリット・デメリットを解説

男子生徒

全日制や定時制とは違い、毎日の登校が必要ない通信制高校。自宅での学習が主で、学校が定めた回数のレポートを提出することで卒業が可能です。 近年では高校を中退した人や発達障害によって通常の学習が困難な人をサポートする通信制高校もあります。 そんな多様なタイプの学校がある通信制高校に通うメリット・デメリットをまとめて解説しているので、通信制高校への入学を考えている人は参考にしてください。

通信制高校のメリットを解説

メリット1:自分のペースで学べる、毎日通わなくていい

通信制高校の最大の魅力は、自分のペースで勉強ができることです。入学する学校で通学や学習スタイルは異なりますが、基本は在宅学習がメインになっています。

全日制高校の場合は1年間で取らなければいけない単位数が決まっていて、それを取得できなければ留年となってしまいます。そのため、出席日数が不足していたり成績が悪かったりするともう一年同じ学年をやり直さなくてはいけません。

一方、通信制高校は単位制を採用しているため、卒業までに74単位を取得すれば卒業することが可能です。たとえ、1年目にほとんど単位が取れなかったとしても、2年・3年で巻き返すことができます。

そのため、全日制の高校でよくある出席日数が足りなくて留年するといった心配はありません。全日制の高校が毎週5日間決められた時間に登校して決められた時間割通りに授業を受けるのに対し、通信制高校は毎日学校に通うことなく学習して卒業を目指すことができます。

また、通信制高校によっては在籍期限を設定していないところもあり、3年以上かけて高校卒業資格を取得することも可能です。全日制高校では「留年したらどうしよう」「周りと比べて成績がわるかったら恥ずかしい」などの不安を抱えることがなく、自分のペースで勉強に取り組むことができます。

>>自分のペースで学べる

メリット2:自由な時間が作れる

全日制高校や定時制高校は、昼間や夜間に登校して単位を取得するシステムです。それに対して通信制高校は毎日学校へ通わずに、年に一定期間のスクーリングをするために学校へ行くのみ。レポートやテストは郵送、もしくはパソコンで行うことができます。

このように通信制高校は通学の負担を大幅に減らすことができるので、空いた時間をアルバイトや仕事、受験や資格の勉強などに充てることが可能です。通信制高校に通っている人の中にはダンス・スポーツ・声優・芸能などの特殊な専門の仕事を目指している人やバンド活動を行っている人などもいます。

そのほかに、通信制高校以外にも他の学校へ通う「ダブルスクール」をしている人も。全日制高校と比べて自由な時間を作れるため、いろいろなことにチャレンジできるのが通信制高校の魅力です。全日制高校と同じ高校卒業資格を取れるので、やりたいことがたくさんある人にはおすすめといえます。

ただし、自由な時間を作れるためスケジュール管理はしっかり行わなければいけません。スケジュール管理を徹底して、通信制高校ならではのメリットを最大限に活かしましょう。そうすることで、明るい未来がきっと開けるはずです。

>>自由時間が増える

メリット3:一人一人に対応する環境がある

通信制高校に通っている人の中には、いじめで不登校になった・芸能活動やスポーツなどに専念している・働きながら通っている・病気やケガで毎日学校に通うのが難しいなど、さまざまな背景を持っている生徒がいます。そんなさまざまな事情を持つ生徒に対応できるのが、通信制高校です。

通信制高校によっては生徒や親が相談できるカウンセラーが在籍しているので、困ったときにいつでも相談できるのが特徴。また、インターネットを利用してレポートを提出できたり、スクーリングの回数を減らしたりできるなど、働きながら通いやすくするためのサポート環境が整っているところがあります。

授業では芸術関連やパソコン関係、体育関係などの特化した内容を学べるところも。そのため、生徒自身がやりたい授業を選択することが可能です。

サポート体制は、公立に比べると私立のほうが充実している傾向にあります。気になる通信制高校があれば公式サイトや資料を取り寄せて、自分に合った授業やサポートを行っているかチェックしましょう。

また、特に将来やりたいことが見つかっていない人でも、通信制高校に通うことで自分のやりたいことを見つけられるかもしれないのでおすすめです。授業料は全日制と比べて安いので、通って損はないといえるでしょう。

>>個別にサポートしてくれる

メリット4:面倒な人間関係が少ない

通信制高校は月に数回のスクーリングを除けば、誰かと顔を合わせる機会がほとんどありません。そのため、全日制高校のように気の合わない友達とグループになってしまうことや嫌な教師と関わることがないので、周りに気を遣うことなくマイペースで学習できます。通信高校は人間関係でストレスを抱えやすい人に、とても魅力的だといえるでしょう。

逆に友達を作りたいと考えている人は、スクーリングの多い学校を選んだり定期的にイベントを行ったりしているところを選択するのがおすすめです。イベントに参加している生徒たちは友達を作りたくて参加していることが多いので、話しやすい環境になっています。人との関わりを持ちたくない人、持ちたい人も自分らしく過ごせるのが通信高校の特徴です。

>>人間関係に悩まない

メリット5:年齢制限がない

通信制高校のメリットのひとつに、年齢制限が設定されていないことが挙げられます。すでに中学校を卒業している人や中学卒業と同じ学力があると認められた人であれば、入学資格を得ることが可能です。

そのため、「高校で勉強をやり直したい」と考えている人も通うことができます。通信制高校に通っている多くは30代未満ですが、中には50代や60代の人も。年齢を気にせずに勉強できるのが、通信制高校の魅力といえるでしょう。

10代からすると、年上の人と接することに不安を感じる人もいるはずです。しかし、いろいろな立場や年齢の人と接することで、社会に出ても通用するコミュニケーションスキルが身につきます。

逆に社会人は若い人の中に入ることで浮いてしまわないか心配になる人もいるでしょう。通信制高校なら、実際に登校するスクーリングが少なく、社会人向けのコースが用意されているので心配ありません。

>>何歳でも大丈夫

メリット6:学費が安い、経済的負担が少ない

通信制高校は全日制の高校と比べて、学費が安くなっているのが特徴です。公立の通信制高校は特に費用が安く、3年間で10万円程度しかかかりません。私立の場合だとコースやカウンセラーの有無などで費用は異なりますが、年間20万円程度と割高に。それでも、全日制の高校と比較すると安い費用で通えます。

所得によっては授業料を国が支援する「就学支援金」が支給されることがあるので、さらに授業料が安くなるケースも。通信高校は、経済的な負担を減らしたい人におすすめです。

全日制の高校だと学校に通いながら仕事をするのは大変ですが、通信制高校であれば自由な時間が多いため働きながら学費を稼ぐこともできます。全日制に比べて学費が安く、働きながらでも通える通信制高校はとても魅力的といえるでしょう。

通信制高校であれば、無理することなく勉強と仕事を両立することができます。全日制高校のように通学の定期代がかからないことも、経済的負担を軽くできる要因です。

メリット7:魅力的なカリキュラムがある

通信制高校は学校にもよりますが、マンガ・ファッション・美容・ダンスなどが学べたり漁業や酪農などの体験学習ができたりするなど、魅力的なカリキュラムを取り入れて授業を行っているところがあります。

そのほかに、看護師や美容師などの資格が取れる授業を行っているところも。全日制高校ではほとんど経験できない、専門学校や大学に進学してから勉強するようなことを通信制高校では学ぶことが可能です。

中学を卒業したら全日制の高校へ行くのが当たり前と考える生徒がほとんどですが、最近では将来の目標をしっかり持っている生徒も多数。自分でカリキュラムを組めて自由な時間が作れる通信制高校を選ぶ生徒も多くなっています。

たとえば、小さいころから音楽を習っていた女子学生が通信制高校と音楽専門学校の2.つ の学校に通うケースやプロのゲーマーを目指す男子学生が通信制高校で勉強しながら空いた時間でやりたいことをしているケースなど、さまざまです。

本気で将来なりたいことがある生徒にとっては、通信制高校はこの上ない選択肢といえるでしょう。将来やりたいことが決まって、仕事をしながらでも学びたいことがある人には通信制高校はおすすめです。

通信制高校のデメリットを解説

通信制高校のデメリットには以下の5つがあげられます。

  • 自己管理能力・自主性が必須
  • 人とのかかわりが少ない
  • 学力レベルの高い授業は望めない
  • 全日制高校より学費がかかる場合がある
  • 行事・部活が少ない

通信制高校はレポート提出や出校日の少なさから卒業がしやすいというメリットがありますが、卒業に向けた強い意志を持っていないと途中でリタイヤしてしまうこともあります。

通信制高校のデメリットを解説していくので、メリットと合わせて把握しておきましょう。

デメリット1:自己管理能力・自主性が必須

全日制高校や定時制高校とは違い、毎日学校に通う必要が無いのが通信制高校のメリットでもあり、デメリットでもあります。自分自身で学習計画を立て、その計画に沿って日々の勉強を行なわなければいけません。自己管理能力が低いと、授業の進捗が悪くなり知識が身に付かず、最悪の場合では卒業までの期間が延びてしまうことも考えられます。

授業の計画を立てるときは「1日のうち30分の勉強を1週間で5日はやる」など、無理のない範囲で小さな目標から設定しましょう。

どうしても勉強の計画を立てるのが苦手だという人は学習塾に通うか、家庭教師を雇うという手段があります。学習塾や家庭教師は、受験対策のために学力の高い人が通うイメージが強いかもしれませんが、実は学校の授業内容を補う役割もあるのです。マンツーマンで勉強を見てくれるため、自分一人では躓きやすい人でも、継続して学習していけるでしょう。

また、通信制高校を選ぶ際に、自分が住んでいる地域の近くで学校を探すのも一つの手です。登校すると教師や学習センターのスタッフなどがいるので、学習計画で上手くいかなかった部分の見直しも可能。

働きながら高校卒業資格が取れる通信制高校では、自分の時間を大切にしながらも勉強が進められるため、ついつい勉強を忘れがちになってしまいます。そうした失敗をしないためにも、事前にしっかりと学習計画を立てるようにしましょう。

デメリット2:人とのかかわりが少ない

登校日が全日制や定時制と比べて段違いに少ない通信制の高校では、自分以外の生徒と接する機会が極端に少なくなります。通信制高校に通う生徒の平均年齢は19歳です。15歳以上であれば入学ができるため、生徒の年齢は15歳から60歳以上の人までそれぞれ。

通信制高校に通う生徒の中には、同年代の友達とコミュニケーションが取れず、物足りないと感じる人もいるかもしれません。人とのつながりを大切にしようと考える人は、通学型の通信制高校も視野に入れておきましょう。通学型は全日制高校と同じように週5日、登校するコースが設けられている学校があります。

また、私立の通信制高校では、部活動やレクリエーションを通して人との関わりを育む教育を実施しているので、こうしたチャンスを活かし関わりの場を広げることが大切です。

通信制高校では勉強以外の時間を確保することができるので、バイトやボランティア活動などを通して交流の輪を広げる人もいます。多くの人と接する機会がない通信制高校は、集団行動に慣れていない人にとっては通いやすい環境ですが、積極的にコミュニケーションを取っていきたい人は工夫をして学校生活を送るようにするようにしましょう。

デメリット3:学力レベルの高い授業は望めない

通信制高校の目的は高校卒業資格です。全日制の高校では大学進学を視野に入れた進路があるため、高卒資格を目的とした通信制高校とは大学への進学率が大きく変わってきます。全日制高校では卒業生のうち2人に1人が大学に進学するのに対し、通信制高校の生徒は6人に1人という割合です。これは、通信制高校に通っていた生徒の卒業時の学力が低いというわけではなく、高校卒業資格を目的としているため、大学への進学率に影響しています。

また、中学校を卒業したての生徒や最近まで社会人だった生徒、65歳以上の生徒など、学力にバラつきがある生徒たちに対して、一定のレベルに合わせた授業をしなければいけません。

大学進学のために通信制高校に通おうと考えている人は、大学進学コースが用意されている通信制高校への入学をおすすめします。通常の通信制高校より登校日が多く設定されていることがあり、学校によっては大手予備校講師の衛星授業を受けることも可能です。より高い目標を持っている人は、難関大学への合格実績などがあるかもチェックしてみましょう。学校の規模にもよりますが、やはりより多くの合格者を出している方がしっかりとした授業を行なっているという目安になります。

デメリット4:全日制高校より学費がかかる場合がある

通う学校によって費用に大きく差が出てくる通信制高校ですが、基本的には全日制の高校よりも学費を抑えられるケースがほとんどです。

しかし、全日制高校よりも学費が多くかかってしまうケースもあります。それは、通信制高校に通いながらサポート校に通うこと。通う日数が増えれば増えるほど、それに伴って学費もかさみます。

サポート校とは、通信制高校に通うだけでは学力に不安がある人が学力アップのために通う学校です。高校によってはサポート校を併設している学校もありますが、公立ではなく私立がほとんどなので学費は倍近くになります。

サポート校は国に認可されている学校ではないので公的な補助金が受けられません。そのため、大学への進学を本気で目指す人に向けた学校と言えるでしょう。

デメリット5:行事・部活が少ない

全日制高校と通信制高校の大きな違いの1つに、イベントごとが極端に少ないという点もあげられます。部活や行事ごとがあまりないので、他の講師や生徒とコミュニケーションが取りづらいと感じるかもしれません。在宅型の通信制高校だと登校日がほとんどないため、余計にチャンスが無くなるので、いわゆる普通の学生生活とは少し異なる状況になってきます。

ただし、学校によって部活動の数は変わってくるので、部活動が盛んな通信制高校を選ぶことで、これらの問題は充分に解決が可能です。

通信制高校に通う生徒からはこんな声も…

全日制の高校と違い、通信制の高校は働きながら学校に通う人や不登校だった人など、様々な背景を持った人がいます。それだけに、普通の高校生とは違う扱いを受けた人もいるかもしれません。

通信制高校について「アルバイトの面接で落とされる?」や「通信制高校を卒業しても就職できない?」とか「不良が多くいるのでは」との声が上がりますが、実際のところはどうなのでしょうか?それぞれの疑問を解説しています。

アルバイトの面接に受からない?両立が難しい?

「通信制高校に通っているとアルバイトに受からない」というのは本当でしょうか?

アルバイトの面接で重要視されているのは学歴よりも「シフトにどれぐらい入れるか」や「周りの人とうまく付き合えそうな人柄か」という点。それと、会社にどれだけ貢献できるのかなど重要です。

通信制高校は自分の時間を多く使えるので、そこをアピールすれば有利に面接を進められます。

通信制高校とアルバイトは両立できる?

就職できない?

採用する企業側の人でも、実は通信制高校をよく理解していない場合があります。そのため、不登校や不良の生徒ばかりという印象を持たれるのかもしれません。

しかし、通信制高校に通っていることで就職に活かせるチャンスがあるのも事実です。全日制高校よりも自分の時間を多い通信制高校ならではの、就職に有利になる例を紹介します。

やっぱり偏見はまだあるの?

全日制高校とは違い、ヤンチャをして一度はドロップアウトしたような生徒やいじめを受け不登校になっていた生徒など、通信制高校にはいろいろな人がいます。

「通信制高校の卒業(もしくは生徒)」と聞くだけで偏見の色眼鏡で見るのは、働きながら高校卒業資格を取ろうとしている、うつ病と戦いながらも将来の夢に向け勉強を頑張っている人達のことを知らない人があまりに多いからです。世間では、通信制高校はどのように見られているのでしょうか。

サイトマップ